バイシクルカラーからのお知らせ
最新ニュース

淡路島半周ショートコース!

2015/09/18
真夏に行ってまいりました、夫婦でアワイチ(淡路島一周)
私たち夫婦が二日間で走ったルートを一例としてご案内しますので、
ライドのご参考になればと思います。

 


サイクリングレポートはスタッフブログにて!


【ご参考までに】
淡路島一日で完全一周はこちら


今回スタート地点に設定したのが、洲本(すもと)港から一周する定番コースです。
車載で洲本港の駐車場まで向かいバイクを組み立てスタートです。
1-あわいち (30).JPG

淡路島に限らず、島を巡るライドは基本時計回りです。76号線へ左方向に進みます。
左車線を走るので、景色がより近い所で走ることができます。
DSCN2259.JPG


早速ですが、海風のが心地よい道を抜けると、いよいよ峠道に入ります・・・

今回妻と一緒に走ったのですが、峠道の手前にある生石公園の展望台に向けて、
妻をふもとに置きざりにし、私一人寄り道をしました。
DSCN2266.JPG
これがかなりの激坂スポットで、序盤に体力が大幅に消耗してしまいました・・・。

激坂は大変刺激的で楽しいのですが、路肩には落石や路面にひび割れが
多数ありますので、ご注意ください!
DSCN2270-001.JPG
アワイチ150kmで物足りないツワモノライダーはぜひ寄り道してみて下さいね!


寄り道の後、展望台のふもとで置き去りにしていた妻を回収し、先へ進みます。
しばらく進むと出てくるこの「ナゾのパラダイス」の看板から峠道が始まります。
DSCN2272.JPG

山を越え...
DSCN2277.JPG

谷を越え...
DSCN2282.JPG

海沿いの道に出ます!
1-あわいち (41).JPG

峠道も良いですが、さわやかな潮風と視界いっぱいの
オーシャンビューは登坂で疲れた身体を癒してくれます!
DSCN2288.JPG
清々しい雰囲気を感じる事が出来るのも淡路島一周"通称あわいち"の魅力です!


【下記はお勧めお立ち寄りスポットです】

南海岸沿いの「モンキーセンター」さん
自販機やレストランがありますので、補給ができます。南海岸の方には自販機が
ほとんどありませんので、自販機を見つけられたら必ずドリンクを補充するように
心がけてください。
DSCN2286.JPG

「道の駅 うずしお」さん
淡路島名産の海の幸、山の幸と鳴門大橋を臨む絶景が楽しめます。
ご当地バーガー「淡路島バーガー」は絶品でした!
1-あわいち (48).JPG
 
「休暇村南淡路」さん
温泉とおいしい夕朝食バイキングで翌日のライドへ向けてパワー充電できます。
バイクのフロント預かりサービスやサイクリストの宿泊プランもある我々にとっても
優しいお宿です。
DSCN2341.JPG

「伊弉諾神宮(いざなぎじんぐう)」
日本の神話の伊弉諾尊(イザナギノミコト)が御祭神とされています。神話では
神様が創った最初の陸地が淡路島とされているようです。パワースポットとしても
有名なようで、ライドで熱くなった身も心もクールダウンしてくれます。
IMG_0293.JPG

「Circolo (チルコロ)」さん
自転車カフェ。海が見える席でゆったりとランチやスイーツが楽しめます。
プロテインシェイクやシャワー設備もあるので、ライド後に自分へのご褒美
として立ち寄るのも良いですね!
DSCN2376.JPG
かわいいワンちゃんもお出迎えしてくれます。


淡路島ファームパーク「イングランドの丘」さん
リタイヤでバイクに乗らなかった妻の機嫌をとる為に立ち寄りました。新鮮野菜の
収穫体験や動植物との触れ合いができますので、ご家族連れのライダーに
おすすめです。
DSCN2323.JPG

淡路島のサイクリングは、関西圏のお住まいのサイクリストにとっては定番のコースです。時間や体力に合わせてコース設定がしやすい淡路島は、初心者にとっても走りやすいです。

店頭に「淡路島サイクリングマップ」や今回のお宿「休暇村南淡路」のパンフレットを
置いておりますので、お気軽にお持ち帰りください。


実際に走ったスタッフもおりますので、初めてで不安な方はどうぞご相談ください。
バイクに不慣れなお子様や女性の方をお連れの方にも最適なルートもご提案できます。

皆さんも淡路島ライド楽しんでくださいね!!

森光 竜太郎