バイシクルカラーからのお知らせ
最新ニュース

TREK EMONDA(エモンダ)SL5、2017年と2018年はどこが違う??~奈良・天理・大阪のTREK専門店~

2017/07/14
TREK(トレック)の2018年モデルが続々登場しておりますが、
その中でも価格が下がり、かなりお得感のあるEMONDA(エモンダ)SL5。

お求めやすい価格になった分、いくつかスペックも変っております。
2017年モデルと2018年モデルの違いをまとめてみました!

01-IMG_9152.JPG
2017年モデル TREK(トレック) EMONDA(エモンダ)SL5 ¥299,000-(税込)

7-IMG_7610.JPG
※2色展開。

7万円近いプライスダウンとなりましたが、
もちろん全てがそのままで価格が下がったわけではありません。

違いはこちら、まずはホイール。
                       05-IMG_7785.JPG 08-IMG_7790.JPG
左:2017年モデル。BONTRAGER Raceホイール。
右:2018年モデル。完成車のみに採用されるグレード設定のないホイール。

重量だけでなく回転部品(ハブ)構造も大きく異なります。
04-IMG_7784.JPG 07-IMG_7789.JPG
左:2017年のRaceホイールはシールドベアリング採用で回転もなめらかでかつ高耐久。
右:2018年モデルは、クロスバイクに採用されるホイールと基本構造が同じです。

ホイールと合わせてタイヤも異なります。
03-IMG_7783.JPG 1-IMG_7854.JPG
左:2017年モデルはR2タイヤ。
右:2018年モデルは単品では販売されていないR1タイヤ。


ハンドル周りも異なるパーツを採用します。
※グレードの名称は、上から順に「Pro」「Elite」「Race」となります。
01-IMG_7775.JPG 10-IMG_7799.JPG
左:2017年モデルは軽量アルミのProステム。
右:2018年モデルは一つ下のEliteステム。
(Eliteステムは単体販売と完成車に採用されるものでデザインが若干異なります。)

02-IMG_7780.JPG  09-IMG_7794.JPG
左:2017年モデルのハンドルはEliteハンドル。
右:2018年モデルのハンドルは一つ下のRaceハンドル。


そして大きな違いとしてステアリングコラムと呼ばれる写真の箇所(上に突き出た筒)。
                       06-IMG_7787.JPG 12-IMG_7806.JPG
左:2017年モデルはカーボンを採用。
右:2018年モデルはアルミを採用。

最後にブレーキ。グレードはSHIMANOの105で共通ですが規格が変わります。
13-IMG_7809.JPG 11-IMG_7801.JPG
右の2018年モデルは上位グレードに採用されるダイレクトマウントブレーキを採用。
より幅広となる28cのタイヤも装着することが出来ます。
この点は2018年モデルがメリット大きいですね!


さて、気になる重量ですが、
14-IMG_7816.JPG
2017年モデルはフレームサイズ52cmで実測7.68kg。

15-IMG_7822.JPG
対して2018年モデルは、同じく52cmのフレームサイズで8.44kg。


1kgまでの違いはありませんが約800gの差があります。
乗り慣れた方にとっては大きな重量差ですが、スポーツバイク1台目をご購入される
方にとっては、約800gの重量差より7万円近い価格差の方がメリットかもしれません。

これまでミドルグレードに位置していたSL5ですが、2018年モデルは、
よりお求めやすいスペックに変更となり、価格も20万円前半までダウン。
初めてのロードバイクとしても選択肢に入るモデルとなりました。


ちなみに一つ上のSL6は、上記で挙げたンドルやホイール、
ステアリングコラム等すべてのグレードを下げず、さらにコンポ―ネントに
New Ultegra(R8000)が採用されます。価格は¥320,760-(税込)。
中長期的な視点で考えるとEMONDA SL6もお勧めですよ!




また、現在バイシクルカラーでは2017年モデルのSL5がサマーセール中です!
¥299,000-(税込)→¥269,100-(税込)
サイズ、在庫状況は各店舗にお電話にてお問い合わせください。
12:00~20:00
奈良登美ヶ丘店:0742-52-8118
奈良天理店:0743-61-5805
東大阪店:06-4309-8085
※MailやSNSでのお問い合わせは、リアルタイムでの在庫確認が
出来かねますのでお電話にてお願いいたします。



現在は2018年モデルの登場に加え、一部2017年モデルが
サマーセール(7月末まで)です!自分にピッタリのバイクを選びやすい時期ですよ!