バイシクルカラーからのお知らせ
最新ニュース

お客様バイクはこの様に組み立てています。~奈良・天理のTREK(トレック)専門ストア「バイシクルカラー」~

2017/07/15
バイシクルカラーではご注文頂いたバイクを、ある程度バラしてから組み立てています。
その工程の中から一部をご紹介します。
少し前にご納車させていただきました女性専用設計のロードバイクです。

ハンドルにはバーテープと呼ばれるテープが予め巻かれていますが全て解きます。
IMG_2225-1.JPG

実はテープを解きケーブルの固定を外さないと、レバー(握る部分)をより握りやすい角度へ調整できないのです。これを行うのとそうでないのとでは、変速操作やブレーキ操作に圧倒的な差が生まれます。
IMG_2229.JPG
さらに比較的小さいフレームサイズの場合は、ブレーキレバーをハンドルバーに近づける調整を予め行います。※この調整はバーテープが巻かれた状態でも行えます。
IMG_2231-1.JPG

そしてケーブルの長さを整えます。
メーカーから届いた状態は、大きいフレームサイズでも流用できる様、とても長いケーブルが採用されます。またこちらの作業は車種により大きく異なります。例えばマウンテンバイクであれば少し長く整えます。
IMG_2237.JPG

最近はフレームにケーブルが内装されており為手間は掛かりますが、写真の様に一本一本抜き取ります。
IMG_2239.JPG

自転車裏は複雑な造りです。
IMG_2243.JPG

再度フレームに通す際は、内部で2本のケーブルがねじれない様作業を行います。
IMG_2245.JPG

アフターメンテナンスしやすい様小さなネジにもグリスを添付します。
IMG_2247-1.JPG
さらに適所グリスアップを加えます。
IMG_2250.JPG

一連の作業を終えてケーブルを固定します。
IMG_2252.JPG

スポーツバイクは家電製品の様に、箱を開けて直ぐ使えるわけではありません。
組み立てと呼ばれる作業が販売店で求められます。販売店でどこまで行うかで、
同じロードバイクでもクオリティーは変わります。
IMG_2254.JPG

もちろん手間は掛かりますが、TREK(トレック)は量販店やネットでの安売りが無い為、この様にある程度時間と手間を掛けることが出来るのです。
どこでも購入できて、しかも量販店だと安い、といったブランドだとこの様には出来ません。

バイシクルカラーは3店舗とも、TREK(トレック)のみを取り扱う専門店です。
初めてのバイク選びにおいて、今回ご紹介した様な点は実はとても大切だと考えています。

組み立て作業はこちらからもご覧いただけます。


ぜひお近くのバイシクルカラー店舗も覗いてみてくださいね!!

丹 宇響