原です。

ただ軽く1日遊びに行っただけなのに長編となりつつあるこのブログも遂に最終回です。


IMG_2753.JPG100円均一で購入したチャライサングラスを着用しご機嫌に見える二人。しかし、実はこのサングラスに恐怖を感じました。さっきまでかけていたオークリーのサングラスがとてもクリアで自然な視界なのに対し、明らかに見え方がおかしい・・・。なんというか、サングラスなのに眩しいし、歪みが尋常じゃありません。オークリーをご使用されてる方は一度100円均一のサングラスをお試しください。その差に唖然とすること間違いなしです。
IMG_2754.JPG
IMG_2755.JPG
サングラスを捨て自由を得た2人。透き通る岩屋ビーチで火照った身体をクールダウン&日焼まっしぐら!そしてこの海で一番意外だったのは森光が水泳が得意なことです。実は遠泳が得意だそうで、気付けばかなり沖まで泳いでました。

まさか、スポーツ向いてない系のスタッフとし君臨していた森光が水泳は得意とは・・・。恐れ入りました。
IMG_2757.JPG1時間程の海水浴を終えた我々は仕上げの温泉です!美湯松帆の湯さんにて疲れた身体を癒しました。どことなく森光の表情に疲れが見えます。
IMG_2766.JPG
ちなみに私が食べたのはしらす丼です。と、もちろんビール!
IMG_2767.JPG
この1日楽しかったです。淡路島は関西人にとってかけがいの無いなリゾート地です。海。山。グルメ。サイクリング。こんな贅沢な場所が近くにあるなんてとても幸せですね。
IMG_2778.JPG
今回の淡路島サイクリング情報を下記にまとめております。

・出発地点 岩屋港
 岩屋港隣接の駐車場または付近100メートルの範囲にコインパーキング複数あり。

・お昼休憩場所 「野島とれとれ市場」さん


・温泉・お食事ポイント「淡路島・岩屋温泉 松帆の湯」さん

・走行コース 淡路島 棚田コース


原一矢


バイシクルカラー奈良登美ヶ丘店の大森です。
先日ハンドルポジションを大きく変えてみました。
写真はステム(ハンドルバーとフレームをつなぐ部品)を交換している作業です。
1-IMG_8234.JPG
こちらがハンドルポジションを一番下げた状態です。
乗車時の姿勢がより前傾となる為、空気抵抗の削減や
より上半身を使った力強いペダリングを行うことが出来ます。
2-IMG_8240.JPG
さらに今回はステムの長さを従来の長さ90mmから、110mmへ交換しました!
ステムを長くすることでハンドル位置が遠くなります。前傾姿勢がとれるようになると、
完成車のままのステム長ではとても短く感じます。
※乗り方や経験によっては逆に短くする場合もあります。
3-IMG_8242.JPG
※ステム上部の突き出た部分はカットします。


バイク全体を見ると、サドルよりハンドルが下の位置にあります。
ハンドルポジションが変わっていることが分かりますね。
実際に乗ってみて前回の乗車姿勢に比べると、ステムも長くなり体重が前に乗り、
スピードに乗った時に自然とグングン加速しより走りやすくなりました。
平地走行時での安定性はとても向上しました。
1-IMG_8262.JPG

ただポジションを変えるにはご自身の身体の柔らかさや関節の可動域も考慮します。
それに応じたポジションが、お客様それぞれにとって快適で遠くへ楽に走れるポジションになります。私は昔から水泳をしていて体が柔らかいので、ハンドルポジションを一番下にしました。
1-IMG_8257.JPG

また関節の可動域も私は広い方だと思います。
2-IMG_8259.JPG

これまでのスポーツ経験を活かし、ストレッチの方法などもご案内できますので、
気になる方はお気軽にお声かけください!!



はじめまして。新スタッフの大森です。

私もスタッフブログをはじめました。今後も是非よろしくお願いします!

早速ですが今回は、現在愛用しているEMONDA(エモンダ)SL5(2017年モデル)に、BONTRAGER(ボントレガー)製のフルカーボンホイールAEOLUS(アイオロス)5を装着して、体感した違いを書きたいと思います。
IMG_8189.JPGこちらが以前装着していたBONTREGER(ボントレガー)RACE(レース)ホイールとR3のタイヤです。ちなみにこのホイールはロードバイクを購入した当時の標準装備です。
IMG_8191.JPGさて早速重量を計測してみますと・・・
IMG_8196.JPGタイヤ・チューブ・クイックリリースレバー込みで1,06キログラムです。IMG_8194.JPGそして、こちらが今回の主役、BONTRAGER(ボントレガー)のフルカーボンホイール、AEOLUS(アイオロス)5です。
IMG_8198.JPG気になる重量がなんと0,92キログラムと、160グラムも軽量です!前輪だけでこの違いはとても大きいですね!*こちらもタイヤ(チューブラー)クイックリリースレバー込み。
IMG_8197.JPGブレーキパッドはカーボンホイール用のブレーキシューを装着します。取替えの際、差込みが少し固く苦戦しました。先輩スタッフ達は簡単そうに交換していたのですが・・・。もっと腕を磨きます!
IMG_8192.JPG仕上げにブレーキの角度調整、変速調整をしました。
IMG_8200.JPG完成です!見た目がガラッと変わり、迫力が増して、今までよりもっとカッコよくなりました!IMG_8204.JPGホイールを変えるだけでフレームの見え方やバイクの印象が変わった事に、僕自身とても驚きです。
IMG_8205.JPG早速カーボンホイールを装着したEMONDA(エモンダ)SL5で走りました。

ペダル踏み込み時の加速(信号停止からの発進・急勾配時・コーナーでの立ち上がり時)が格段に速く、スムーズでした。
そして、今までつらく感じていた上り坂を走ってみると、断然簡単に登りきることができ、これまで体感したことの無い加速感を味わえました。

平地走行時は、路面をしっかりと捉えていてふらつきづらく、安定感が高いままグイグイ加速していくのがとても印象的でした。ホイールを変えるとこれほどにも変化があるとは驚きが隠せないですね。

実はこのホイールはまだ購入しておらず、バイシクルカラー奈良登美ヶ丘店のレンタルホイールを使用しました。皆さんにカーボンホイールの良さをお伝えできるように頑張ります!

今回レンタルをした事で、僕もますますカーボンホイールが欲しい気持ちになりました。今年中には絶対AEOLUS(アイオロス)を買うぞ!!
IMG_8208.JPG大森優


原です。

前回よりの続きです。



コンビニで休憩後、再出発した我々。西側の海岸沿いを北上し、スタート・ゴール地点の岩屋港を目指します。
IMG_2678-001.JPG美しいビーチを眺めながらのサイクリングは気持ちが良いです。
IMG_2681-001.JPG
こちらは「北淡県民ビーチ」というそうです。海も砂浜も綺麗で素晴らしいですね。今年はヤングを中心にナイトプールが流行っているそうですが、男は黙って海です!IMG_2683-001.JPG
コンビニ出発後約10キロ。目的のひとつでもあった「とれとれ市場」に到着です!
IMG_2684-001.JPG哀愁漂う近所の定食屋ぽいメニューに心が和みます。
IMG_2686-001.JPG店内も近所の定食やと実家を足して2で割ったような雰囲気でなんともシュールです。流行のインスタ映えなどを気にせず男は黙って淡路島のとれとれ市場です!!
IMG_2687-001.JPGこちらは海鮮ちらし900円です。特にたこがぷりぷりで歯ごたえも良く美味しかったですよ。次回淡路島に行った際は上ちらしを頼んでみようと思います。
IMG_2692-001.JPG腹ごしらえを済ませ、残り約10キロ。ご機嫌に快走する森光と私。とても良い夏の思い出ができました。また来年も行きたいですね。淡路島!
IMG_2704-001.JPGIMG_2750-001.JPG約50キロのサイクリングを終え、続いて第2部の淡路島海水浴です!
IMG_2753-001.JPG
続く。

原一矢


前回からの続きです。


淡路島サイクリング、棚田コース一番の難所。東側の海岸から西側へ横断する際の登坂区間を走る、森光と私。
IMG_2653.JPG斜度7~8%の上り坂がおよそ3キロ程続きます。クロスバイクやロードバイク等、スポーツバイクご購入間もない方にとっては少し難易度の高いコースに感じるかもしれませんが、半年~1年程度の経験者なら(たぶん)大丈夫です。

と思ったのですが、振り返ると経験年数10年程度あるはずの森光がはるか後方に・・・。真下を向いて明らかに辛そうです。残念ながら彼のバイクに付いているギアは重たいギアが多く、軽いギアは少な目のセッティングで登坂に適してはいなかったようです。頑張れ森光!
IMG_2654.JPG
登坂区間の終わりにはタイムを申告するポストが用意されていましたが、特にタイムは計っていないしゆっくり登ってきたのでパスしました。
IMG_2658.JPG
登坂区間が終われば後は西側まで下り坂です。美しい棚田を眺めながら走りますが、速度超過には注意です!景色に見とれすぎると危ないので気をつけましょう。
IMG_2662.JPG
IMG_2665.JPG時折海が顔を覗かせます。出発前にはどんよりしていた雲も、知らぬ間に綺麗な空へと移り変わっていったようで、我々のテンションも最高潮です!
IMG_2663.JPGIMG_2666.JPG棚田エリアにはこの様な看板がいくつかあり、絶景ポイントなどの指定もあります。皆さんもマイ絶景ポイントを見つけてくださいね!
IMG_2669.JPG下り坂が終わりあっという間に西側の海岸沿いに到着です。右を向けばゴールへ。左を向けばすぐにコンビニです。
IMG_2673.JPGトイレが我慢できない森光の要望でコンビニに立ち寄ります。大きなサイクルラックとテーブルが用意されているリゾート感出し惜しみしないコンビニでした。森光もご満悦です。
IMG_2674.JPG
続く。

原一矢


原です。

7月26日(水)、定休日を利用し東大阪店スタッフの森光と2人で淡路島へ行ってきました。

その模様を何度かに分けてスタッフブログでご紹介したいと思います。皆様のサイクリングの参考とならば幸いです。

さて、6時前に奈良を出発し、森光の安全運転で1時間ちょっとで到着。早朝出発なら案外近い、淡路島です。
IMG_2599.JPG前日の深夜から朝方にかけて大雨が降った為、淡路島に到着してもまだしばらくは曇り空。スカッと晴れると暑いのでこれはこれで助かりました。
IMG_2601.JPG淡路島に到着したら早速サイクリングの準備です。「絶対焼かない主義」の森光は入念な紫外線対策。使用しているのはもちろん3リットルの汗でも落ちない日焼止め「アグレッシブデザイン」です。
IMG_2613.JPG
私はサプリを摂取。運動で脂肪を燃焼!グリコ、パワープロダクションのエクストラバーナーです。もはやネタです(笑)IMG_2616.JPG岩屋港で記念撮影です!バックに写る明石海峡大橋はもちろん、体重比1対1.5の並びも中々見応えがありますね(!?)
IMG_2617.JPGスタートからおよそ20キロは東側の海岸を南下します。*写真は全て安全に配慮し停車して撮影しています。
IMG_2620.JPG海なし県として有名な奈良県憧れの海岸サイクリングは最高に気持ちよいです。遠くまで伸びる空はそれだけで心を洗ってくますね。
IMG_2631.JPG曇り空とはいえじめじめとした気候で気温も30付近でしたのでドリンクの消費が早いです。
IMG_2630.JPG自転車専用ドリンクボトルなら写真の様に自販機で購入したドリンクをその場でボトルに移し、すぐにゴミを捨てれます。保冷機能が付いたボトルもあるので暑い季節でもドリンクの冷たさをある程度キープしてくれるのも嬉しいですね。
IMG_2643.JPG淡路島といえば淡路島1周こと通称「あわいち」が有名ですが、走行距離150キロに加え上り坂も多い為かなり大変です。こんな暑い季節にそんな長い距離を走るなんて危険ですよね。

私たちは通称「棚田コース」と呼ばれる約50キロ、淡路島3分の1周コースを選択しました。棚田コースは平坦な東西の海岸沿いと、内陸の上り坂区間とに別れたメリハリのあるコースで、ショートコースながらも中身は濃い目です。
IMG_2646.JPGさて、美しい棚田を眺めながらの登坂区間スタートです。スタッフ森光は早くも限界!?
IMG_2650.JPG

続く。

原一矢


今回も機材関連の少々マニアックな内容です・・・。

前回のブログで、遂にテンチョーマストアイテムと呼ばれるパワーメーターを導入した私ですが、今回はその交換作業の一部をご紹介したいと思います。

早速ですが、ガーミン純正ペダル(左)とSHIMANO(シマノ)のアルテグラペダル(右)、それぞれの軸を取り外した状態です。
IMG_7577.JPG
そしてこちらはガーミン純正ペダルから取り外した軸からさらに「歪みセンサー」だけを取り出した状態です。小さな部品ですがガーミンのパワーメーターの価格内訳のおよそ6~7割はこの子です。
IMG_7583.JPG
次に別売りのカートリッジキットを用意します。前回のブログでも紹介しましたが電子部品ではなく、換装用の軸だけで13,932円(税込)とこちらもまぁまぁ高価です・・・。
IMG_7582.JPG歪みセンサーをカートリッジキットに差込み、ナットで固定します。
IMG_7584.JPG
最後にカートリッジキット付属のアダプターと普通のモンキーレンチを使用しシマノのペダルに嵌め込めば完成です。
IMG_7589.JPG
ところで、「なんでわざわざそんなキットまで買い足してシマノのペダルを使うのか?」という方もおられるかと思います。

理由はいくつかありますが一番大きな理由は「スタックハイト」です。スタックハイトとはペダル自体の高さ、厚みです。

ペダルが変わるとペダル自体の厚みが変わりますので結果サドル高の微調整が必要になります。この点については「プロサイクリスト吉田隼人のオフィシャルブログ」にも書かれております。

当然私はプロではないのでもっと身近な悩みです。身体が硬く股関節周りの稼動域が少ないので、少々サドル高が合わないだけで膝に負担がかかり、痛みがでてしまうので微調整が必要でそれが面倒。ただそれだけなのですが・・・。
IMG_7592.JPG
次回はパワーメータを使った遊び方をご紹介したいと思います!

原一矢


原です!

遂に、GARMIN(ガーミン)社のパワーメーター、VECTOR(ベクター)を購入しました。そして、最近発売されたばかりのPD-6800コンバージョンキットも同時購入し、早速取り付けたいと思います。

今回は、皆大好き!重量計測です。
IMG_7573.JPG
まずはベクターです。片側155グラム。
IMG_7575.JPG
続いて標準のアルテグラペダル。片側129グラム。
IMG_7576.JPG
そしてこちらのコンバージョンキットを使用し、ベクターのペダル軸内部に入っている歪みセンサーをアルテグラのペダルにお引越しします。ちなみにコンバージョンキットは唯の軸にも関わらず、税込13,932円と決してお安くはありません・・・。
IMG_7582.JPGベクターの歪みセンサーをアルテグラにお引越しした状態です。131グラムと、ノーマル比較2グラムの増加ですが、ベクターと比較すると24グラムの軽量化ですね!
IMG_7586.JPG
最近自転車を購入されたばかりの方にはこの24グラムはどうでもよいことかもしれませんが、軽量化マニアの方には24グラムの意味はとても大きいですね。また、私の様に使い慣れたシマノペダルをそのまま使えるというメリットもあるのではないでしょうか?

また近日中に細かい部品の写真等もご紹介させて頂きます。

ちなみに、私は軽量化マニアではありません。

原一矢


こんばんは、原です。

深夜更新失礼します。

日々夏の足音が近づいて来ていますね。暑がりの私にとってこの足音はまるでホラー映画のワンシーンのように聞こえます。

さて、皆さん、「BMI」というワードを聞いたことあるでしょうか。アメリカのコンピューター関係の企業じゃありませんよ。

つい先日、当店のお客様でスポーツ系の学科を専攻する大学生の子とこの話になり、色々と教えてくれました。とてもおもしろかったので皆さんに共有させていいただきますね。

BMIとはBody Mass Indexの略称で体格指数や肥満指数などと呼ばれているようです。

この数値を算出することで肥満度合いや逆に痩せすぎているかなどが判別できます。その彼に教えてもらったのですが、算出方法はとても簡単です。

体重÷(身長の二乗)だけです。

私の場合・・・(キャ!)

体重75キロ ÷ (身長(メートル単位)1.75×1.75=3.0625) = 24,489...

となります。

ちなみにもっとも痩せていたと思われる20歳ごろなら・・・

体重65キロ ÷ (身長(メートル単位)1.75×1.75=3.0625)  = 21.224...

となります。

そしてなんと人生で過去最高値は28付近に到達します(笑)

こちらのサイトによるとBMI25以上は肥満となり、高血圧や糖尿病などのリスクあると書かれていますね。
無題.png
しかしその反対に痩せすぎというのもあまり良くはないように書かれています。

あまり数値に捕らわれすぎるのはどうかと思いますが、参考にするのは良いかと思います。

みなさんのBMIはいくつになりましたか?





さぁて今日も仕事終わりのビールを飲むか!


原一矢



こんにちは。宮里です。

週末は晴れ渡るお天気で、楽しそうにツーリングをしている人を多く見かけました。
午前中でも25度を超える真夏日でしたね。

お天気キャスターの天達さんによると年々、気温上昇と共に紫外線の量も強くなっているとの事。
お店でも、色々な紫外線ケアグッズが増えてますね。
特に野外で楽しむスポーツなどは、今以上に紫外線ケアは必要になってきます。
1-DSCF6887.JPG

女性の方は日頃からのUVケアは常識なので、バイクに乗る時も
しっかり日焼け止めを塗り、マスクを付けて、アームカバーも付けています。
日焼け対策は実は体力消耗の軽減にも繋がります。

ところで男性の方はUVケアはちゃんとできてますか???
「愛車のケアはバッチリやで!!けど自分へのケアは後回しやな〜、、、。」という男性陣多いかと思います。

走る楽しさばかりに気をとられていると、身体への負担が大きくなっている事には気付きにくいですよね。
日焼け止めクリームを塗るのは面倒なんだけど、、、。という方でも気軽にできるUVケアアイテムがあります。

それは「サイクルキャップ」です!
ヘルメットの下に被るだけ。
すごくお手軽です。
1-IMG_6872-001.JPG

身体の中で一番高い位置にある「頭」は、紫外線が最も当たりやすい場所です。
ヘルメットをしていても、ヘルメットの通気口から強烈な紫外線と熱さが容赦なく頭に突き刺ささり、頭皮にも影響してきます。

紫外線による頭皮のダメージは「抜け毛」の原因にもなります。
ダメージに気が付いた頃には、、もう遅い、、、。という事もあります。

起こり得るリスクは早めに回避してあげた方が自分の為にもなりますよ。
みなさんもこれからの暑い季節はしっかりとした紫外線対策でライドを楽しみましょう!
1-DSCF7030.JPG

宮里



このページの先頭へ