毎日MADONE(マドン)9で通勤している大森です。

MADONE(マドン)9に乗り始めてから1カ月が過ぎました。平坦や登り、下り等幅広いシチュエーションを走りました。そこで、この1か月間のサイクリングで実感したことをインプレッションしていきます!

※私個人がMADONE(マドン)に乗っての感想です。個人差にもよりますので参考にして頂ければ幸いです。
1-1-1-IMG_2487-001.JPG
ご存知の方も多いと思いますが、MADONE(マドン)と呼ばれるこの車種はエアロ効果(空気抵抗削減)に特化しています。他の車種と比べ独特な形状で迫力があり、ケーブル類は全てフレームの中に入ります。外観がスマートなことは勿論、極限まで空気抵抗軽減を考えられたつくりであることが分かりますね。

これがどこまでスピードに繋がっているか明確には分かりませんが、見た目はとても美しく、高級感満載のロードバイクです!
01-IMG_9501.JPG04-IMG_9498.JPG
また、私はハンドルバーの選択をエアロ(空気抵抗削減)に特化したXXXハンドルバーにしました。変速/ブレーキワイヤーがハンドルバー内に入っていることにより、走行時ハンドルにかかる風の抵抗を低減し、向かい風の時などには迫ってくる風を切ってグングン前に進みます。
※エアロ(空気抵抗削減)に特化したMADONE(マドン)に装着すると走行性能がさらに上がります。
09-IMG_9488.JPG
・BB(ボトムブラケット)。※ペダルを漕ぐ際に一番負荷がかかるフレーム軸部分です。EMONDA(エモンダ)やDOMANE(ドマーネ)と同様のBB90になっていて、軸部分がガッチリしていて剛性が上がり、パワーを無駄なく推進力に変換してくれます。
05-IMG_9497.JPG
トップチューブとシートチューブの境目にはISOSPEED(アイソスピード)が搭載されています。ごつごつとした荒れた路面を走行する時、シートが極僅かに前後にしなる為、お尻と腰への衝撃がとても優しく、乗り心地は素晴らしいです。ロングライドには最適な装備ですね。
・ISOSPEED(シートチューブがしなる設計により、フレームが衝撃を吸収し、骨盤への負担を軽減するシステムです。)
08-IMG_9489.JPG
ちなみに私が装着しているサドルはBONTRAGER(ボントレガー)のXXX(トリプルエックス)カーボンサドルです。68gの超軽量カーボンサドルとなっており、主にヒルクライムで活躍できるアイテムを使用しています。
※従来のロードバイク購入時についてくるサドルに比べるとクッション性がないので、ISOSPEED(振動吸収システム)が搭載されているMADONE(マドン)やDOMANE(ドマーネ)には相性があまり合わないです。
10-IMG_9487.JPG
ホイールは前後輪共にBONTRAGER(ボントレガー)のAEOLUS5(アイオロス5)のチューブラータイプを装着しています。走行時の空気抵抗を削減し、バイクが前に進むのをよりアシストします。チューブラーはクリンチャーに比べるとホイール重量も軽く、乗り心地にも優れています。

しかし、チューブラーはパンクした時の修理が大変なので、予備のタイヤは常備しておかないといけません。
・チューブラータイヤ(チューブとタイヤが一体化しているタイヤ。セメントや専用テープでホイールに貼り付け使用する)
・クリンチャータイヤ(タイヤとチューブが別体となっておりパンクの際はチューブの交換だけで走れます。TREK(トレック)のロードバイク、クロスバイクほぼ全ての車種で採用。)

2-IMG_9493.JPG1-IMG_9495.JPG
今現在MADONE9(マドン9)での走行距離は約1500kmです。登り坂中心のコース、平坦中心、琵琶湖や淡路島などたくさんのサイクリングコースを走り感じたことは、MADONE(マドン)はペダルを踏めば踏むほど加速し速度が落ちにくく一定の速度で走れます。(特に平坦走行時)

3-3-IMG_2501.JPG
5-5-IMG_2513.JPG
ヒルクライムコースでは、登りに強いとされるTREK(トレック)のロードバイクEMONDA(エモンダ)に比べるとあまり登らないのかなと思いきや、ペダルを漕いだ時に想像以上に前にグングン進み、まるで誰かが後ろから背中を押してくれているような感覚です。そして登坂区間が終わり、下りに差し掛かるときには登りきった勢いのままペダルを漕がなくても前にグングン進むので、力配分が自由自在にできて気持ち良く下れます。ただ、ダンシング(立ち漕ぎ)時、両腕でバイクを左右に振らした時の反応がEMONDA(エモンダ)より少しだけ鈍かったです。
※スピードの出しすぎには注意しましょう。
6-6-IMG_2525.JPG7-7-IMG_2531.JPG9-9-IMG_2574.JPG
上記のように、MADONE9(マドン)はどのようなサイクリングコースにも対応できるオールラウンドなロードバイクです。この一台があればばっちりです!

MADON(マドン)は初心者から上級者まで全てのお客様に満足して頂ける設計になっており、一度乗ると手に入れたくなるくらいお客様に最高の快感を与えてくれる自転車です。私もMADON(マドン)に魅力を感じ、乗り始めてからも更に愛着が湧きました。これからまだまだ行ったことのないサイクリングスポットにも行ってみようとおもいます。

皆様も是非新しい自転車のパートナーとして、こちらのエアロ(空気抵抗削減)に特化したMADON9(マドン)9はいかがでしょうか?
02-IMG_9500.JPG
大森



大森です。8月に開催したトレックワールドで試乗したMADON9(マドン)がとても気に入り、
MADON9(マドン)のプロジェクトワンのカラーオーダーモデルを購入しました!
01-IMG_8729.JPG

注文してから約1ヶ月半で届きました。いよいよ開封です!興奮のあまりとても心臓がバクバクしました。

02-IMG_8730.JPG


1つ1つ丁寧に包んであり、さすがトレックだと実感しました。
そしてスチロールをはがし、フレームが見えてきました。トップチューブ左側に
プロジェクトワンと記載されています。

04-IMG_8733.JPG

フレームが出てきました。新しいロードバイクとの初対面です!
05-IMG_8736.JPG


私がカラーオーダーしたMADONE(マドン)9がこちら!

明るい鮮やかな黄色でサイクリング中でも一際目立つカラーにしました。
フレーム素材はOCLV700カーボンで、レーシングモデルに最適な軽量カーボン素材を選びました。
06-IMG_8739.JPG



OCLV700カーボンの場合は、ヘッドチューブ(画像右端の縦のフレーム箇所)が短いので、トップチューブ(フレーム上部)からシートステイに掛けてアーチを描いた様な弓なりの形状になります。この角度から見るととてもかっこいいです!
07-IMG_8742.JPG


ダウンチューブの裏側に模様を発見しました。
他のTREKのロードバイクも、違う箇所ではありますが描かれている場合があります。
10-IMG_8749.JPG


フレームはOCLV700カーボン。こちらのカーボンはポジションがOCLV600カーボンに比べると
前傾がより低い状態を選択でき、比較的体の柔らかい方にはお勧めのフレームです。
09-IMG_8745.JPG


シートステーにはトレックレーシングチームのロゴが記載されています。
黄色なのでとても目立ちますね。
11-IMG_8751.JPG



遠方から見ても一際目立ちますね。私は目立って明るい色が好みなので、
目立つのがお好きな方にはこの様な色がお勧めです。

プロジェクトワンはお客様の好みに合わせて色を選べるシステムです。
カラーパターンに合わせて6万円、12万円、18万円のオプションに分かれています。
(ちなみに私は6万円のオプチョンカラーです。)

皆様も是非プロジェクトワンをしてみては如何でしょうか?


1-IMG_8757-001.JPG

私はMADONE(マドン)9の完成車を元々購入しようと思っていましたが、
プロジェクトワンの魅力に惹かれて。せっかくならアップチャージのプロジェクトワンにしようと決断、、時間をかけてじっくりと先輩方とも考えて、この色にしました。
オリジナルのロードバイクなので、大切に乗りたいと思います

これから組み立てていきますので、完成するのをお楽しみにしていてくださいね!





バイシクルカラー奈良登美ヶ丘店の大森です。
先日ハンドルポジションを大きく変えてみました。
写真はステム(ハンドルバーとフレームをつなぐ部品)を交換している作業です。
1-IMG_8234.JPG
こちらがハンドルポジションを一番下げた状態です。
乗車時の姿勢がより前傾となる為、空気抵抗の削減や
より上半身を使った力強いペダリングを行うことが出来ます。
2-IMG_8240.JPG
さらに今回はステムの長さを従来の長さ90mmから、110mmへ交換しました!
ステムを長くすることでハンドル位置が遠くなります。前傾姿勢がとれるようになると、
完成車のままのステム長ではとても短く感じます。
※乗り方や経験によっては逆に短くする場合もあります。
3-IMG_8242.JPG
※ステム上部の突き出た部分はカットします。


バイク全体を見ると、サドルよりハンドルが下の位置にあります。
ハンドルポジションが変わっていることが分かりますね。
実際に乗ってみて前回の乗車姿勢に比べると、ステムも長くなり体重が前に乗り、
スピードに乗った時に自然とグングン加速しより走りやすくなりました。
平地走行時での安定性はとても向上しました。
1-IMG_8262.JPG

ただポジションを変えるにはご自身の身体の柔らかさや関節の可動域も考慮します。
それに応じたポジションが、お客様それぞれにとって快適で遠くへ楽に走れるポジションになります。私は昔から水泳をしていて体が柔らかいので、ハンドルポジションを一番下にしました。
1-IMG_8257.JPG

また関節の可動域も私は広い方だと思います。
2-IMG_8259.JPG

これまでのスポーツ経験を活かし、ストレッチの方法などもご案内できますので、
気になる方はお気軽にお声かけください!!



はじめまして。新スタッフの大森です。

私もスタッフブログをはじめました。今後も是非よろしくお願いします!

早速ですが今回は、現在愛用しているEMONDA(エモンダ)SL5(2017年モデル)に、BONTRAGER(ボントレガー)製のフルカーボンホイールAEOLUS(アイオロス)5を装着して、体感した違いを書きたいと思います。
IMG_8189.JPGこちらが以前装着していたBONTREGER(ボントレガー)RACE(レース)ホイールとR3のタイヤです。ちなみにこのホイールはロードバイクを購入した当時の標準装備です。
IMG_8191.JPGさて早速重量を計測してみますと・・・
IMG_8196.JPGタイヤ・チューブ・クイックリリースレバー込みで1,06キログラムです。IMG_8194.JPGそして、こちらが今回の主役、BONTRAGER(ボントレガー)のフルカーボンホイール、AEOLUS(アイオロス)5です。
IMG_8198.JPG気になる重量がなんと0,92キログラムと、160グラムも軽量です!前輪だけでこの違いはとても大きいですね!*こちらもタイヤ(チューブラー)クイックリリースレバー込み。
IMG_8197.JPGブレーキパッドはカーボンホイール用のブレーキシューを装着します。取替えの際、差込みが少し固く苦戦しました。先輩スタッフ達は簡単そうに交換していたのですが・・・。もっと腕を磨きます!
IMG_8192.JPG仕上げにブレーキの角度調整、変速調整をしました。
IMG_8200.JPG完成です!見た目がガラッと変わり、迫力が増して、今までよりもっとカッコよくなりました!IMG_8204.JPGホイールを変えるだけでフレームの見え方やバイクの印象が変わった事に、僕自身とても驚きです。
IMG_8205.JPG早速カーボンホイールを装着したEMONDA(エモンダ)SL5で走りました。

ペダル踏み込み時の加速(信号停止からの発進・急勾配時・コーナーでの立ち上がり時)が格段に速く、スムーズでした。
そして、今までつらく感じていた上り坂を走ってみると、断然簡単に登りきることができ、これまで体感したことの無い加速感を味わえました。

平地走行時は、路面をしっかりと捉えていてふらつきづらく、安定感が高いままグイグイ加速していくのがとても印象的でした。ホイールを変えるとこれほどにも変化があるとは驚きが隠せないですね。

実はこのホイールはまだ購入しておらず、バイシクルカラー奈良登美ヶ丘店のレンタルホイールを使用しました。皆さんにカーボンホイールの良さをお伝えできるように頑張ります!

今回レンタルをした事で、僕もますますカーボンホイールが欲しい気持ちになりました。今年中には絶対AEOLUS(アイオロス)を買うぞ!!
IMG_8208.JPG大森優


このページの先頭へ