サイクリングの最近のブログ記事

毎日MADONE(マドン)9で通勤している大森です。

MADONE(マドン)9に乗り始めてから1カ月が過ぎました。平坦や登り、下り等幅広いシチュエーションを走りました。そこで、この1か月間のサイクリングで実感したことをインプレッションしていきます!

※私個人がMADONE(マドン)に乗っての感想です。個人差にもよりますので参考にして頂ければ幸いです。
1-1-1-IMG_2487-001.JPG
ご存知の方も多いと思いますが、MADONE(マドン)と呼ばれるこの車種はエアロ効果(空気抵抗削減)に特化しています。他の車種と比べ独特な形状で迫力があり、ケーブル類は全てフレームの中に入ります。外観がスマートなことは勿論、極限まで空気抵抗軽減を考えられたつくりであることが分かりますね。

これがどこまでスピードに繋がっているか明確には分かりませんが、見た目はとても美しく、高級感満載のロードバイクです!
01-IMG_9501.JPG04-IMG_9498.JPG
また、私はハンドルバーの選択をエアロ(空気抵抗削減)に特化したXXXハンドルバーにしました。変速/ブレーキワイヤーがハンドルバー内に入っていることにより、走行時ハンドルにかかる風の抵抗を低減し、向かい風の時などには迫ってくる風を切ってグングン前に進みます。
※エアロ(空気抵抗削減)に特化したMADONE(マドン)に装着すると走行性能がさらに上がります。
09-IMG_9488.JPG
・BB(ボトムブラケット)。※ペダルを漕ぐ際に一番負荷がかかるフレーム軸部分です。EMONDA(エモンダ)やDOMANE(ドマーネ)と同様のBB90になっていて、軸部分がガッチリしていて剛性が上がり、パワーを無駄なく推進力に変換してくれます。
05-IMG_9497.JPG
トップチューブとシートチューブの境目にはISOSPEED(アイソスピード)が搭載されています。ごつごつとした荒れた路面を走行する時、シートが極僅かに前後にしなる為、お尻と腰への衝撃がとても優しく、乗り心地は素晴らしいです。ロングライドには最適な装備ですね。
・ISOSPEED(シートチューブがしなる設計により、フレームが衝撃を吸収し、骨盤への負担を軽減するシステムです。)
08-IMG_9489.JPG
ちなみに私が装着しているサドルはBONTRAGER(ボントレガー)のXXX(トリプルエックス)カーボンサドルです。68gの超軽量カーボンサドルとなっており、主にヒルクライムで活躍できるアイテムを使用しています。
※従来のロードバイク購入時についてくるサドルに比べるとクッション性がないので、ISOSPEED(振動吸収システム)が搭載されているMADONE(マドン)やDOMANE(ドマーネ)には相性があまり合わないです。
10-IMG_9487.JPG
ホイールは前後輪共にBONTRAGER(ボントレガー)のAEOLUS5(アイオロス5)のチューブラータイプを装着しています。走行時の空気抵抗を削減し、バイクが前に進むのをよりアシストします。チューブラーはクリンチャーに比べるとホイール重量も軽く、乗り心地にも優れています。

しかし、チューブラーはパンクした時の修理が大変なので、予備のタイヤは常備しておかないといけません。
・チューブラータイヤ(チューブとタイヤが一体化しているタイヤ。セメントや専用テープでホイールに貼り付け使用する)
・クリンチャータイヤ(タイヤとチューブが別体となっておりパンクの際はチューブの交換だけで走れます。TREK(トレック)のロードバイク、クロスバイクほぼ全ての車種で採用。)

2-IMG_9493.JPG1-IMG_9495.JPG
今現在MADONE9(マドン9)での走行距離は約1500kmです。登り坂中心のコース、平坦中心、琵琶湖や淡路島などたくさんのサイクリングコースを走り感じたことは、MADONE(マドン)はペダルを踏めば踏むほど加速し速度が落ちにくく一定の速度で走れます。(特に平坦走行時)

3-3-IMG_2501.JPG
5-5-IMG_2513.JPG
ヒルクライムコースでは、登りに強いとされるTREK(トレック)のロードバイクEMONDA(エモンダ)に比べるとあまり登らないのかなと思いきや、ペダルを漕いだ時に想像以上に前にグングン進み、まるで誰かが後ろから背中を押してくれているような感覚です。そして登坂区間が終わり、下りに差し掛かるときには登りきった勢いのままペダルを漕がなくても前にグングン進むので、力配分が自由自在にできて気持ち良く下れます。ただ、ダンシング(立ち漕ぎ)時、両腕でバイクを左右に振らした時の反応がEMONDA(エモンダ)より少しだけ鈍かったです。
※スピードの出しすぎには注意しましょう。
6-6-IMG_2525.JPG7-7-IMG_2531.JPG9-9-IMG_2574.JPG
上記のように、MADONE9(マドン)はどのようなサイクリングコースにも対応できるオールラウンドなロードバイクです。この一台があればばっちりです!

MADON(マドン)は初心者から上級者まで全てのお客様に満足して頂ける設計になっており、一度乗ると手に入れたくなるくらいお客様に最高の快感を与えてくれる自転車です。私もMADON(マドン)に魅力を感じ、乗り始めてからも更に愛着が湧きました。これからまだまだ行ったことのないサイクリングスポットにも行ってみようとおもいます。

皆様も是非新しい自転車のパートナーとして、こちらのエアロ(空気抵抗削減)に特化したMADON9(マドン)9はいかがでしょうか?
02-IMG_9500.JPG
大森



前回スタッフブログでご案内しました信楽高原鉄道と近江鉄道のサイクルトレインを活用したサイクリングの続きです。

信楽高原鉄道の紫香楽宮跡駅(しがらきぐうし)で電車を降り、次は近江鉄道に乗り換えます。近江鉄道は通常、貴生川駅よりサイクルトレインを利用可能ですが台風の影響で日野駅まで運休との事だった為、日野駅までおよそ15km自転車での移動です。
IMG_3483.JPG

日野駅に到着後時刻表を確認・・・なんと数分前に電車は出発したようで、次の電車までおよそ1時間。おなかも空いたのでこの時間を利用しお昼ご飯にすることにしました。
IMG_3487.JPG

ちなみに改装したてと思しき駅車内には観光案内所を兼ねたカフェがありましたが、ガッツリ飯を希望する我々には今回ご縁はありませんでした。
IMG_3488.JPG

日野駅からおよそ1km移動し、選んだお店はこちら。滋賀県といえばやはりここ!来来亭!
IMG_3485.JPG

豚キムチ定食のラーメン大盛りを頂きました。余談ですが来来亭のラーメン大盛りは麺1.5玉ではなく2玉です。
IMG_3484.JPG

お腹満たして日野駅に戻ると電車はすぐにやってきました。「野菜をプラス」!
IMG_3502.JPG

近江鉄道のサイクルトレインも自転車を解体することなくそのまま乗車可能です。スポーツバイクではなくシティサイクルで利用されている方も見かけましたよ。
IMG_3505.JPG

「電車に揺られ」という表現がぴったりな程に立て揺れを感じる車内。乗り物酔いしやすい方は注意かもしれません・・・。
IMG_3561.JPG

目的地のクラブハリエさんがあるのは近江八幡ですが、近江八幡方面へサイクルトレイン利用可能なのは八日市駅までです。そのまま彦根や長浜まではサイクルトレインが利用可能です。

運賃は日野駅から八日市駅までの7駅で片道520円。自転車持込料金は不要でした。
IMG_3554.JPG

つづく。

原一矢


先日、お休みの日に、信楽高原鉄道近江鉄道のサイクルトレインを活用したサイクリングに友人と2人で出かけてきました。

出発地点は京都府和束町。滋賀県東南部を迂回するように移動し目指すは滋賀県近江八幡の超有名スポット「ラコリーナ近江八幡(クラブハリエ)」さんです!

この日はお天気にも恵まれ、サイクリングスタート時は雲ひとつない空が広がり気持ちを盛上げてくれました!
IMG_3417.JPG

出発地点の和束町観光案内所です。サイクルラックも用意されており観光スポットの情報収集にも最適ですね。
IMG_3415.JPG
IMG_3416.JPG

和束町を出発し信楽へ向け東進します。和束~信楽間は道幅は決して広くありませんが交通量は少なく、快適なサイクリングが楽しめます。
IMG_3419.JPG
IMG_3421.JPG

信楽に到着すると道沿いには大量の信楽焼きのたぬきが出迎えてくれます。
IMG_3425.JPG

こちらは信楽高原鉄道の信楽駅です。駅舎内に限定グッズなどが販売されております。500円以上購入すると「鉄カード」というカードが貰えるそうなのですが残念ながらこの日は品切れでした・・・。
IMG_3442.JPG
IMG_3439.JPG

サイクルトレインの案内も掲載されていました。普通電車内へ自転車を持ち込む場合は「輪行」という、自転車を一部解体し専用の袋に詰める作業が必要となりますが、こちらはそのままの状態で乗車可能です!便利です!(利用時間や規則がありますので事前に確認しておきましょう!)
IMG_3440.JPG

当然、駅ホームにロードバイクを持ち込めます。電車と愛車の2ショットはなかなか貴重ではないでしょうか!?
IMG_3455.JPG

この様に本当にそのまま持ち込みできます。ですが派手なサイクルジャージは車内でちょっと浮くかもしれません。
IMG_3456.JPG

車内にスポーツバイク専用のラックなどはありません。乗車中、空いていれば座席に座りバイクが転倒しないよう手で抑える形です。混み合っている場合は積極的に車輌端で立つのがマナーでしょうか。
IMG_3457.JPG

ザ・田舎の単線というのどかな風景が広がります。速度もゆっくりでどこか遠くへ来たような雰囲気が楽しめます。
IMG_3467.JPG

そして電車に揺られ15分くらい?4駅先の紫香楽宮跡に到着です。料金は乗車賃290円と自転車持込料金280円で計570円でした。*ちなみに輪行バッグに収納する場合は持込料金が不要となり終点の貴生川まで乗車可能です。
IMG_3471.JPG

残念ながら信楽高原鉄道のサイクルトレイン乗車可能区間はここまで。電車に別れを告げます。
IMG_3470.JPG

そこから近江鉄道まではロードバイクで移動です。近江鉄道のサイクルトレインは貴生川駅からの乗車が可能。ですが台風の影響で日野駅までが運休との情報だったので我々は日野駅まで走ります。写真は新名神高速道路。このあたりはアップダウンもあり以外と大変でした。
IMG_3475.JPG

つづく。

原一矢

原です。

現在の愛車MADONE(マドン)9を組立てしたり・・・としている内に掲載のタイミングを逃してしまっていましたが、11月23日(木・祝)に鈴鹿サーキットで開催されるサイクルイベントへ出場します!

2年前にも出場した鈴鹿サイクルイベント。あいにくの雨でしたが超が付くほど気持ちが良いサーキット走行を味わえたのはとても貴重な思い出です。また、今年の1月にも「第1回鈴鹿ウインターエンデューロ」にお客様と一緒に参加しましたので今度で3回目ですね。
IMG_0726.JPG
鈴鹿サーキットでは年3~4回ほどサイクルイベントが開催されます。開催されるシーズン毎に種目や競技時間が異なりますが、全体に共通するのはサイクルイベントとしては「敷居が低いこと」です。

シリアスに順位を競うライダーもたくさんいますがサーキット走行をエンジョイすることを目的とした方が圧倒的に多いですね。言い方を変えると「エントリーしてエントリー費さえ払えば誰でも出れる」感じなのです。

特に春(5月)と秋(11月)開催はママチャリやタイヤの小さな小径車(ミニベロ)なども出場可能。派手な仮装をしながら走るコンテストもあり、お祭りムード全開です!

で、私が今回出場する秋の鈴鹿ですが、種目は2年前と同じ「トロッフェ・バラッキ」です。

舌を噛みそうな種目名ですが、簡単に言うと「二人一組で相棒と一緒に走り、10周回のタイムを競う」というルール。お祭りムード全開の秋鈴鹿の中でもちょっと本気度の高めなタイムトライアル種目です。*写真は2年前の様子。

14642386_908171322661207_330637557171444997_n.jpg
unnamed9-001.JPG
モータースポーツファンの方はご存知かと思いますが、鈴鹿サーキットフルコースは1周約5.8キロ。それを10周回ですので58キロを走ります。

しかも鈴鹿サーキットは以外にも平坦ではなく、ゆるーく登っているか下っているかのコースです。(モータースポーツとは逆周りで走行します)

2年前はがっつり雨が降っておりコンディションは最悪。今年はバイクも新しくなりましたので気合十分での再チャレンジです!今からとっても楽しみです。
IMG_8653.JPG
IMG_8657.JPG
原一矢


文化的サイクリストの二つ名でおなじみ(?)原です。

今回のブログでは春先に探検してきた大和郡山市に再訪問し、藍染体験教室をしてきましたのでその模様をご紹介します!
IMG_2793.JPG

JRおよび近鉄郡山駅よりそれぞれ自転車で3分程に位置する箱本館「紺屋」さんは江戸時代から残る町屋を改装して建てられた文化施設です。建物の路面に接する長さから、当時相当な繁栄を誇っていたことが伺えますね。
IMG_2798.JPG
IMG_2796.JPG

ちなみに紺屋さんではなんとサイクルラックを設置されております。駐輪用のスタンドが付いていないクロスバイクやロードバイクでも便利ですね!
IMG_2794.JPG

受付を済まし、靴を履き替えます。ビンディングシューズでは館内が歩きづらい事が不安でしたが、作業用の長靴(無料)も用意されていました。これなら安心です。
IMG_2808.JPG
エプロンやながーい手袋なども用意されているので手ぶらで訪問OKです!ちなみにこの日は手芸や工作好きなスタッフ宮里も一緒です。宮里は電車で来ていましたが!
IMG_2819.JPG

藍染は「ハンカチサイズ」・「バンダナサイズ」・「てぬぐいサイズ」の綿を自分の好きな柄に染めることができます。まずは先生より模様をの作り方の説明があります。
IMG_2804.JPG

さあ創作の時間です!いざ真っ白な布を目の前にするとどのような柄にしようか考えると難しいものですね。ちなみに宮里はテキパキと作業を進めていました。
IMG_2806.JPG

柄を作る為に使用するのはビー玉や洗濯ばさみ、フィルムケース・割り箸などのどこにでもあるものばかりです。布を折りたたんで洗濯ばさみで挟むことで花柄になったりフィルムケースで挟むことで水玉模様になったりとなかなかおもしろいですね!
IMG_2807.JPG

模様が決まったらレッツ藍染!先生方にお手伝いいただきながら四苦八苦です。カメラを意識したわけではありませんが、私すごく楽しそうですね(笑)
IMG_2815.JPG

3回に分けて染め作業をしたら仕上げに酢酸入りのお水と真水で洗って完成です!
IMG_2820.JPG

薄手の生地を使用しているためあっという間に乾きます。
IMG_2823.JPG

完成品がこちら!宮里はハンカチサイズを2枚。私はバンダナサイズを1枚作りました。流れる川と水滴をイメージし爽やかに仕上げてみましたがいかがでしょうか?爽やかな私のイメージにピッタリですね!!!!
IMG_2824.JPG

サイクリングの楽しみはただ走るだけではありません。車だと見逃してしまいがちな観光スポットやグルメスポットを散策しそこで遊ぶことを目的としても良いのではないでしょうか?

原一矢


原です。

ただ軽く1日遊びに行っただけなのに長編となりつつあるこのブログも遂に最終回です。


IMG_2753.JPG100円均一で購入したチャライサングラスを着用しご機嫌に見える二人。しかし、実はこのサングラスに恐怖を感じました。さっきまでかけていたオークリーのサングラスがとてもクリアで自然な視界なのに対し、明らかに見え方がおかしい・・・。なんというか、サングラスなのに眩しいし、歪みが尋常じゃありません。オークリーをご使用されてる方は一度100円均一のサングラスをお試しください。その差に唖然とすること間違いなしです。
IMG_2754.JPG
IMG_2755.JPG
サングラスを捨て自由を得た2人。透き通る岩屋ビーチで火照った身体をクールダウン&日焼まっしぐら!そしてこの海で一番意外だったのは森光が水泳が得意なことです。実は遠泳が得意だそうで、気付けばかなり沖まで泳いでました。

まさか、スポーツ向いてない系のスタッフとし君臨していた森光が水泳は得意とは・・・。恐れ入りました。
IMG_2757.JPG1時間程の海水浴を終えた我々は仕上げの温泉です!美湯松帆の湯さんにて疲れた身体を癒しました。どことなく森光の表情に疲れが見えます。
IMG_2766.JPG
ちなみに私が食べたのはしらす丼です。と、もちろんビール!
IMG_2767.JPG
この1日楽しかったです。淡路島は関西人にとってかけがいの無いなリゾート地です。海。山。グルメ。サイクリング。こんな贅沢な場所が近くにあるなんてとても幸せですね。
IMG_2778.JPG
今回の淡路島サイクリング情報を下記にまとめております。

・出発地点 岩屋港
 岩屋港隣接の駐車場または付近100メートルの範囲にコインパーキング複数あり。

・お昼休憩場所 「野島とれとれ市場」さん


・温泉・お食事ポイント「淡路島・岩屋温泉 松帆の湯」さん

・走行コース 淡路島 棚田コース


原一矢


バイシクルカラー奈良登美ヶ丘店の大森です。
先日ハンドルポジションを大きく変えてみました。
写真はステム(ハンドルバーとフレームをつなぐ部品)を交換している作業です。
1-IMG_8234.JPG
こちらがハンドルポジションを一番下げた状態です。
乗車時の姿勢がより前傾となる為、空気抵抗の削減や
より上半身を使った力強いペダリングを行うことが出来ます。
2-IMG_8240.JPG
さらに今回はステムの長さを従来の長さ90mmから、110mmへ交換しました!
ステムを長くすることでハンドル位置が遠くなります。前傾姿勢がとれるようになると、
完成車のままのステム長ではとても短く感じます。
※乗り方や経験によっては逆に短くする場合もあります。
3-IMG_8242.JPG
※ステム上部の突き出た部分はカットします。


バイク全体を見ると、サドルよりハンドルが下の位置にあります。
ハンドルポジションが変わっていることが分かりますね。
実際に乗ってみて前回の乗車姿勢に比べると、ステムも長くなり体重が前に乗り、
スピードに乗った時に自然とグングン加速しより走りやすくなりました。
平地走行時での安定性はとても向上しました。
1-IMG_8262.JPG

ただポジションを変えるにはご自身の身体の柔らかさや関節の可動域も考慮します。
それに応じたポジションが、お客様それぞれにとって快適で遠くへ楽に走れるポジションになります。私は昔から水泳をしていて体が柔らかいので、ハンドルポジションを一番下にしました。
1-IMG_8257.JPG

また関節の可動域も私は広い方だと思います。
2-IMG_8259.JPG

これまでのスポーツ経験を活かし、ストレッチの方法などもご案内できますので、
気になる方はお気軽にお声かけください!!



原です。

前回よりの続きです。



コンビニで休憩後、再出発した我々。西側の海岸沿いを北上し、スタート・ゴール地点の岩屋港を目指します。
IMG_2678-001.JPG美しいビーチを眺めながらのサイクリングは気持ちが良いです。
IMG_2681-001.JPG
こちらは「北淡県民ビーチ」というそうです。海も砂浜も綺麗で素晴らしいですね。今年はヤングを中心にナイトプールが流行っているそうですが、男は黙って海です!IMG_2683-001.JPG
コンビニ出発後約10キロ。目的のひとつでもあった「とれとれ市場」に到着です!
IMG_2684-001.JPG哀愁漂う近所の定食屋ぽいメニューに心が和みます。
IMG_2686-001.JPG店内も近所の定食やと実家を足して2で割ったような雰囲気でなんともシュールです。流行のインスタ映えなどを気にせず男は黙って淡路島のとれとれ市場です!!
IMG_2687-001.JPGこちらは海鮮ちらし900円です。特にたこがぷりぷりで歯ごたえも良く美味しかったですよ。次回淡路島に行った際は上ちらしを頼んでみようと思います。
IMG_2692-001.JPG腹ごしらえを済ませ、残り約10キロ。ご機嫌に快走する森光と私。とても良い夏の思い出ができました。また来年も行きたいですね。淡路島!
IMG_2704-001.JPGIMG_2750-001.JPG約50キロのサイクリングを終え、続いて第2部の淡路島海水浴です!
IMG_2753-001.JPG
続く。

原一矢


前回からの続きです。


淡路島サイクリング、棚田コース一番の難所。東側の海岸から西側へ横断する際の登坂区間を走る、森光と私。
IMG_2653.JPG斜度7~8%の上り坂がおよそ3キロ程続きます。クロスバイクやロードバイク等、スポーツバイクご購入間もない方にとっては少し難易度の高いコースに感じるかもしれませんが、半年~1年程度の経験者なら(たぶん)大丈夫です。

と思ったのですが、振り返ると経験年数10年程度あるはずの森光がはるか後方に・・・。真下を向いて明らかに辛そうです。残念ながら彼のバイクに付いているギアは重たいギアが多く、軽いギアは少な目のセッティングで登坂に適してはいなかったようです。頑張れ森光!
IMG_2654.JPG
登坂区間の終わりにはタイムを申告するポストが用意されていましたが、特にタイムは計っていないしゆっくり登ってきたのでパスしました。
IMG_2658.JPG
登坂区間が終われば後は西側まで下り坂です。美しい棚田を眺めながら走りますが、速度超過には注意です!景色に見とれすぎると危ないので気をつけましょう。
IMG_2662.JPG
IMG_2665.JPG時折海が顔を覗かせます。出発前にはどんよりしていた雲も、知らぬ間に綺麗な空へと移り変わっていったようで、我々のテンションも最高潮です!
IMG_2663.JPGIMG_2666.JPG棚田エリアにはこの様な看板がいくつかあり、絶景ポイントなどの指定もあります。皆さんもマイ絶景ポイントを見つけてくださいね!
IMG_2669.JPG下り坂が終わりあっという間に西側の海岸沿いに到着です。右を向けばゴールへ。左を向けばすぐにコンビニです。
IMG_2673.JPGトイレが我慢できない森光の要望でコンビニに立ち寄ります。大きなサイクルラックとテーブルが用意されているリゾート感出し惜しみしないコンビニでした。森光もご満悦です。
IMG_2674.JPG
続く。

原一矢


原です。

7月26日(水)、定休日を利用し東大阪店スタッフの森光と2人で淡路島へ行ってきました。

その模様を何度かに分けてスタッフブログでご紹介したいと思います。皆様のサイクリングの参考とならば幸いです。

さて、6時前に奈良を出発し、森光の安全運転で1時間ちょっとで到着。早朝出発なら案外近い、淡路島です。
IMG_2599.JPG前日の深夜から朝方にかけて大雨が降った為、淡路島に到着してもまだしばらくは曇り空。スカッと晴れると暑いのでこれはこれで助かりました。
IMG_2601.JPG淡路島に到着したら早速サイクリングの準備です。「絶対焼かない主義」の森光は入念な紫外線対策。使用しているのはもちろん3リットルの汗でも落ちない日焼止め「アグレッシブデザイン」です。
IMG_2613.JPG
私はサプリを摂取。運動で脂肪を燃焼!グリコ、パワープロダクションのエクストラバーナーです。もはやネタです(笑)IMG_2616.JPG岩屋港で記念撮影です!バックに写る明石海峡大橋はもちろん、体重比1対1.5の並びも中々見応えがありますね(!?)
IMG_2617.JPGスタートからおよそ20キロは東側の海岸を南下します。*写真は全て安全に配慮し停車して撮影しています。
IMG_2620.JPG海なし県として有名な奈良県憧れの海岸サイクリングは最高に気持ちよいです。遠くまで伸びる空はそれだけで心を洗ってくますね。
IMG_2631.JPG曇り空とはいえじめじめとした気候で気温も30付近でしたのでドリンクの消費が早いです。
IMG_2630.JPG自転車専用ドリンクボトルなら写真の様に自販機で購入したドリンクをその場でボトルに移し、すぐにゴミを捨てれます。保冷機能が付いたボトルもあるので暑い季節でもドリンクの冷たさをある程度キープしてくれるのも嬉しいですね。
IMG_2643.JPG淡路島といえば淡路島1周こと通称「あわいち」が有名ですが、走行距離150キロに加え上り坂も多い為かなり大変です。こんな暑い季節にそんな長い距離を走るなんて危険ですよね。

私たちは通称「棚田コース」と呼ばれる約50キロ、淡路島3分の1周コースを選択しました。棚田コースは平坦な東西の海岸沿いと、内陸の上り坂区間とに別れたメリハリのあるコースで、ショートコースながらも中身は濃い目です。
IMG_2646.JPGさて、美しい棚田を眺めながらの登坂区間スタートです。スタッフ森光は早くも限界!?
IMG_2650.JPG

続く。

原一矢


このページの先頭へ