趣味の最近のブログ記事

毎日MADONE(マドン)9で通勤している大森です。

MADONE(マドン)9に乗り始めてから1カ月が過ぎました。平坦や登り、下り等幅広いシチュエーションを走りました。そこで、この1か月間のサイクリングで実感したことをインプレッションしていきます!

※私個人がMADONE(マドン)に乗っての感想です。個人差にもよりますので参考にして頂ければ幸いです。
1-1-1-IMG_2487-001.JPG
ご存知の方も多いと思いますが、MADONE(マドン)と呼ばれるこの車種はエアロ効果(空気抵抗削減)に特化しています。他の車種と比べ独特な形状で迫力があり、ケーブル類は全てフレームの中に入ります。外観がスマートなことは勿論、極限まで空気抵抗軽減を考えられたつくりであることが分かりますね。

これがどこまでスピードに繋がっているか明確には分かりませんが、見た目はとても美しく、高級感満載のロードバイクです!
01-IMG_9501.JPG04-IMG_9498.JPG
また、私はハンドルバーの選択をエアロ(空気抵抗削減)に特化したXXXハンドルバーにしました。変速/ブレーキワイヤーがハンドルバー内に入っていることにより、走行時ハンドルにかかる風の抵抗を低減し、向かい風の時などには迫ってくる風を切ってグングン前に進みます。
※エアロ(空気抵抗削減)に特化したMADONE(マドン)に装着すると走行性能がさらに上がります。
09-IMG_9488.JPG
・BB(ボトムブラケット)。※ペダルを漕ぐ際に一番負荷がかかるフレーム軸部分です。EMONDA(エモンダ)やDOMANE(ドマーネ)と同様のBB90になっていて、軸部分がガッチリしていて剛性が上がり、パワーを無駄なく推進力に変換してくれます。
05-IMG_9497.JPG
トップチューブとシートチューブの境目にはISOSPEED(アイソスピード)が搭載されています。ごつごつとした荒れた路面を走行する時、シートが極僅かに前後にしなる為、お尻と腰への衝撃がとても優しく、乗り心地は素晴らしいです。ロングライドには最適な装備ですね。
・ISOSPEED(シートチューブがしなる設計により、フレームが衝撃を吸収し、骨盤への負担を軽減するシステムです。)
08-IMG_9489.JPG
ちなみに私が装着しているサドルはBONTRAGER(ボントレガー)のXXX(トリプルエックス)カーボンサドルです。68gの超軽量カーボンサドルとなっており、主にヒルクライムで活躍できるアイテムを使用しています。
※従来のロードバイク購入時についてくるサドルに比べるとクッション性がないので、ISOSPEED(振動吸収システム)が搭載されているMADONE(マドン)やDOMANE(ドマーネ)には相性があまり合わないです。
10-IMG_9487.JPG
ホイールは前後輪共にBONTRAGER(ボントレガー)のAEOLUS5(アイオロス5)のチューブラータイプを装着しています。走行時の空気抵抗を削減し、バイクが前に進むのをよりアシストします。チューブラーはクリンチャーに比べるとホイール重量も軽く、乗り心地にも優れています。

しかし、チューブラーはパンクした時の修理が大変なので、予備のタイヤは常備しておかないといけません。
・チューブラータイヤ(チューブとタイヤが一体化しているタイヤ。セメントや専用テープでホイールに貼り付け使用する)
・クリンチャータイヤ(タイヤとチューブが別体となっておりパンクの際はチューブの交換だけで走れます。TREK(トレック)のロードバイク、クロスバイクほぼ全ての車種で採用。)

2-IMG_9493.JPG1-IMG_9495.JPG
今現在MADONE9(マドン9)での走行距離は約1500kmです。登り坂中心のコース、平坦中心、琵琶湖や淡路島などたくさんのサイクリングコースを走り感じたことは、MADONE(マドン)はペダルを踏めば踏むほど加速し速度が落ちにくく一定の速度で走れます。(特に平坦走行時)

3-3-IMG_2501.JPG
5-5-IMG_2513.JPG
ヒルクライムコースでは、登りに強いとされるTREK(トレック)のロードバイクEMONDA(エモンダ)に比べるとあまり登らないのかなと思いきや、ペダルを漕いだ時に想像以上に前にグングン進み、まるで誰かが後ろから背中を押してくれているような感覚です。そして登坂区間が終わり、下りに差し掛かるときには登りきった勢いのままペダルを漕がなくても前にグングン進むので、力配分が自由自在にできて気持ち良く下れます。ただ、ダンシング(立ち漕ぎ)時、両腕でバイクを左右に振らした時の反応がEMONDA(エモンダ)より少しだけ鈍かったです。
※スピードの出しすぎには注意しましょう。
6-6-IMG_2525.JPG7-7-IMG_2531.JPG9-9-IMG_2574.JPG
上記のように、MADONE9(マドン)はどのようなサイクリングコースにも対応できるオールラウンドなロードバイクです。この一台があればばっちりです!

MADON(マドン)は初心者から上級者まで全てのお客様に満足して頂ける設計になっており、一度乗ると手に入れたくなるくらいお客様に最高の快感を与えてくれる自転車です。私もMADON(マドン)に魅力を感じ、乗り始めてからも更に愛着が湧きました。これからまだまだ行ったことのないサイクリングスポットにも行ってみようとおもいます。

皆様も是非新しい自転車のパートナーとして、こちらのエアロ(空気抵抗削減)に特化したMADON9(マドン)9はいかがでしょうか?
02-IMG_9500.JPG
大森



先日、お休みの日に、信楽高原鉄道近江鉄道のサイクルトレインを活用したサイクリングに友人と2人で出かけてきました。

出発地点は京都府和束町。滋賀県東南部を迂回するように移動し目指すは滋賀県近江八幡の超有名スポット「ラコリーナ近江八幡(クラブハリエ)」さんです!

この日はお天気にも恵まれ、サイクリングスタート時は雲ひとつない空が広がり気持ちを盛上げてくれました!
IMG_3417.JPG

出発地点の和束町観光案内所です。サイクルラックも用意されており観光スポットの情報収集にも最適ですね。
IMG_3415.JPG
IMG_3416.JPG

和束町を出発し信楽へ向け東進します。和束~信楽間は道幅は決して広くありませんが交通量は少なく、快適なサイクリングが楽しめます。
IMG_3419.JPG
IMG_3421.JPG

信楽に到着すると道沿いには大量の信楽焼きのたぬきが出迎えてくれます。
IMG_3425.JPG

こちらは信楽高原鉄道の信楽駅です。駅舎内に限定グッズなどが販売されております。500円以上購入すると「鉄カード」というカードが貰えるそうなのですが残念ながらこの日は品切れでした・・・。
IMG_3442.JPG
IMG_3439.JPG

サイクルトレインの案内も掲載されていました。普通電車内へ自転車を持ち込む場合は「輪行」という、自転車を一部解体し専用の袋に詰める作業が必要となりますが、こちらはそのままの状態で乗車可能です!便利です!(利用時間や規則がありますので事前に確認しておきましょう!)
IMG_3440.JPG

当然、駅ホームにロードバイクを持ち込めます。電車と愛車の2ショットはなかなか貴重ではないでしょうか!?
IMG_3455.JPG

この様に本当にそのまま持ち込みできます。ですが派手なサイクルジャージは車内でちょっと浮くかもしれません。
IMG_3456.JPG

車内にスポーツバイク専用のラックなどはありません。乗車中、空いていれば座席に座りバイクが転倒しないよう手で抑える形です。混み合っている場合は積極的に車輌端で立つのがマナーでしょうか。
IMG_3457.JPG

ザ・田舎の単線というのどかな風景が広がります。速度もゆっくりでどこか遠くへ来たような雰囲気が楽しめます。
IMG_3467.JPG

そして電車に揺られ15分くらい?4駅先の紫香楽宮跡に到着です。料金は乗車賃290円と自転車持込料金280円で計570円でした。*ちなみに輪行バッグに収納する場合は持込料金が不要となり終点の貴生川まで乗車可能です。
IMG_3471.JPG

残念ながら信楽高原鉄道のサイクルトレイン乗車可能区間はここまで。電車に別れを告げます。
IMG_3470.JPG

そこから近江鉄道まではロードバイクで移動です。近江鉄道のサイクルトレインは貴生川駅からの乗車が可能。ですが台風の影響で日野駅までが運休との情報だったので我々は日野駅まで走ります。写真は新名神高速道路。このあたりはアップダウンもあり以外と大変でした。
IMG_3475.JPG

つづく。

原一矢

8月に開催されたTREK(トレック)の販売店向け大展示会「TREKWORLD(トレックワールド)2018」

スタッフ総出でTREKの2018年モデルやパーツ類の勉強をしてきました。

そしてバイシクルカラーは現在、奈良登美ヶ丘店、東大阪店、奈良天理店と計3店舗になりスタッフが一同に揃うこともあまりありませんのでトレックワールド2018はスタッフ同士の親交を深める場にもなりました。

今回は展示会開催中のスタッフの様子をピックアップしたいと思います。まずは集合写真から。
DSCF2149.JPG

次にセミナー受講時の様子。
IMG_2901.JPG

アフターパーティー会場。みんなで乾杯!
IMG_3103.JPG

パーティー会場には別府選手も。ガッツリ通勤ライダー内田は「走り」について質問をしていました。
IMG_3118.JPG

奈良登美ヶ丘店の大森(真ん中)と奈良天理店アルバイトスタッフの藤木は別府選手と記念撮影。ただのファンやないかい!
IMG_3125.JPG

大森は自分のジャージにサインまでもらっていました。左手に持つプロフィールカードをもらい「連絡先もらいました!」と喜んでいましたが、そこには別府選手の公式インスタグラムページの情報が記載されていました・・・。
IMG_3142.JPG

2日目朝のニューモデル試乗の様子。先頭から私、原。東大阪店店長内田。奈良天理店店長鈴木の店長3ショット!
IMG_3112.JPG

TREKの電動アシストスポーツバイクを楽しむ森光。
IMG_3059-001.JPG

同じく電動アシストスポーツバイクを楽しむ私。来年、奈良天理店に試乗車が設置される予定です。お楽しみに!
IMG_3047-001.JPG

以上です!

貴重な(?)オフショットの数々。バイシクルカラースタッフひとりひとりの人柄も感じていただけたでしょうか。

原一矢


バイシクルカラー奈良登美ヶ丘店の原です。

8月に注文した私の新しい愛車MADONE(マドン)9が遂に入荷しました。そして早速組立ても完了!完成しました。
IMG_8653.JPG
TREK(トレック) MADONE(マドン)9.0 プロジェクトワン仕様
*ホイール、クランク(前ギア)など一部パーツは現在のバイクから乗せかえています。

言葉は多くいりません。とにかく仕上がりをご覧ください!
IMG_8654.JPG
まずはフレームで一番目立つダウンチューブ。カラーはクリスタルホワイト。TREKロゴのカラーはブルースチール。

IMG_8655.JPG
ハンドル下のフレーム、ヘッドチューブ周りです。うっすら段が付いているところの上側はエラホワイト。下側はダウンチューブと同じくクリスタルホワイトというカラーです。

IMG_8657.JPG
DHバーの取り付けにも対応したノーマルハンドル・ステム仕様で組み上げています。
*従来のマドン9専用一体型ハンドルバーステムをご使用の場合も別売りのアタッチメントを使用する事で同じ装備にできます。

IMG_8665.JPG
サドル下のシートチューブ付近。ISOSPEEDが搭載されており、乗り心地は本当に素晴らしいです。

IMG_8664.JPG
ノンドライブ側(ギア板が無い側)のBB(ボトムブラケット)付近。

IMG_8668.JPG
トップチューブ上部のロゴ。シビれます。

TREK(トレック)にとってMADONE9がどのようなバイクなのかを解説した動画も合わせてご覧ください。
*クリックで再生。音声がでます。


また、TREK(トレック)US本社でMADONE9やエアロヘルメット「Balista(バリスタ)」の空力解析を起こった日本人エンジニア「鈴木未央」さんはバイシクルカラーに来店されたこともありますよ!

最後にまだ150キロほどしか乗っていませんがマドン9の感想を少しだけ。

このバイクには「購入した人にしかわからない得も言えぬ満足感」と「究極のエアロロードバイク」という2つの魅力があります。どちらも試乗しただけでは上辺だけしかわかりません。

マドン9の真価は、自転車雑誌記者が何千・何万字で書いた文章で表しきれるものではありません。「自分の物となってからでないとわからない快感」が確かにあります。

移動手段や実用面で自転車を見ている方にとっては驚く価格かもしれませんが、自転車を「趣味」と思っておられる方にとっては後悔はもちろん「満足」や「大変満足」を越えた何かがあります。

我々スタッフは皆様の「大変満足越え」をお手伝いさせていただきます。ご相談お待ちしております。

原一矢


文化的サイクリストの二つ名でおなじみ(?)原です。

今回のブログでは春先に探検してきた大和郡山市に再訪問し、藍染体験教室をしてきましたのでその模様をご紹介します!
IMG_2793.JPG

JRおよび近鉄郡山駅よりそれぞれ自転車で3分程に位置する箱本館「紺屋」さんは江戸時代から残る町屋を改装して建てられた文化施設です。建物の路面に接する長さから、当時相当な繁栄を誇っていたことが伺えますね。
IMG_2798.JPG
IMG_2796.JPG

ちなみに紺屋さんではなんとサイクルラックを設置されております。駐輪用のスタンドが付いていないクロスバイクやロードバイクでも便利ですね!
IMG_2794.JPG

受付を済まし、靴を履き替えます。ビンディングシューズでは館内が歩きづらい事が不安でしたが、作業用の長靴(無料)も用意されていました。これなら安心です。
IMG_2808.JPG
エプロンやながーい手袋なども用意されているので手ぶらで訪問OKです!ちなみにこの日は手芸や工作好きなスタッフ宮里も一緒です。宮里は電車で来ていましたが!
IMG_2819.JPG

藍染は「ハンカチサイズ」・「バンダナサイズ」・「てぬぐいサイズ」の綿を自分の好きな柄に染めることができます。まずは先生より模様をの作り方の説明があります。
IMG_2804.JPG

さあ創作の時間です!いざ真っ白な布を目の前にするとどのような柄にしようか考えると難しいものですね。ちなみに宮里はテキパキと作業を進めていました。
IMG_2806.JPG

柄を作る為に使用するのはビー玉や洗濯ばさみ、フィルムケース・割り箸などのどこにでもあるものばかりです。布を折りたたんで洗濯ばさみで挟むことで花柄になったりフィルムケースで挟むことで水玉模様になったりとなかなかおもしろいですね!
IMG_2807.JPG

模様が決まったらレッツ藍染!先生方にお手伝いいただきながら四苦八苦です。カメラを意識したわけではありませんが、私すごく楽しそうですね(笑)
IMG_2815.JPG

3回に分けて染め作業をしたら仕上げに酢酸入りのお水と真水で洗って完成です!
IMG_2820.JPG

薄手の生地を使用しているためあっという間に乾きます。
IMG_2823.JPG

完成品がこちら!宮里はハンカチサイズを2枚。私はバンダナサイズを1枚作りました。流れる川と水滴をイメージし爽やかに仕上げてみましたがいかがでしょうか?爽やかな私のイメージにピッタリですね!!!!
IMG_2824.JPG

サイクリングの楽しみはただ走るだけではありません。車だと見逃してしまいがちな観光スポットやグルメスポットを散策しそこで遊ぶことを目的としても良いのではないでしょうか?

原一矢


人それぞれ趣味嗜好は様々です。

バイク選びに際しても、鮮やかに輝き、コントラストが際立つイエローやグリーン、レッドが好きな方や、ホワイト、ブラック、グレーなどの落ち着いたカラーが好きな方もおられます。

お客様の選択肢を見ていると、比率的には若い方の方が派手なカラーを。年長者になるほど落ち着いたカラーを選択される傾向にありますが、これらはあくまで「傾向」です。バイクのカラー選択は趣味嗜好が大きく影響するため、あまり頼りになるものではありません。

前置きが大変長くなりましたが、先日念願であったTREK(トレック)のカラーオーダープログラム、「プロジェクトワン」を利用しニューバイクを注文しました。

下記が私の注文したバイクで、完成形です。
無題1.png

とてもシンプルでおよそプロジェクトワンでわざわざカラーカスタムしたとは思えないかもしれませんが、白色のマドンは完成車に存在しません!なのでこれは紛れもなくプロジェクトワンでの特注バイクです。

カラーパターンはGuranPremio(グランプレミオ)。

メインフレームにはクリスタルホワイトを選択。パールが効いたホワイトで高級感を演出してくれます。
大きく配置されたTREKロゴはブルースチール。薄い水色ですが質感はメタリック系です。
無題3.png

わかりづらいのですがトップチューブ(横方向に伸びたフレーム部分)はエラホワイトという別のホワイトを選択。クリスタルホワイトと違い、ソリッドで陶器の様な色合いです。
無題2.png

ホイールは現在使用しているAeolus(アイオロス)を使用。クランク、チェーンリングも使用中のROTOR(ローター)Q-RINGをお引越しします。

今回、フレームのみでのオーダーも検討しましたが、愛車ドマーネが丸裸になってしまい、違う形で再生して乗ってあげたいと思い、完成車で注文をしました。

ドマーネは6800アルテグラを搭載した超軽量カーボンクロスバイクになる予定です。キャリアを取り付け通勤や近所のチョイノリ、カメラを携えフォトアンドライドなど。。。違った形で大活躍してくれるかも?

今年に入りずっと欲しい欲しいと思いながら過ごし、半ば勢いでポチッとオーダーしてしまいました。でも高額なお買い物と愛の告白は勢いも大事だと個人的には思います。プロジェクトワンと恋に悩む方々の参考になれば幸いです。

私のバイクは9月中旬頃入荷予定です。プロジェクトワン仕様マドン9の続報をご期待ください!

原一矢


原です。

ただ軽く1日遊びに行っただけなのに長編となりつつあるこのブログも遂に最終回です。


IMG_2753.JPG100円均一で購入したチャライサングラスを着用しご機嫌に見える二人。しかし、実はこのサングラスに恐怖を感じました。さっきまでかけていたオークリーのサングラスがとてもクリアで自然な視界なのに対し、明らかに見え方がおかしい・・・。なんというか、サングラスなのに眩しいし、歪みが尋常じゃありません。オークリーをご使用されてる方は一度100円均一のサングラスをお試しください。その差に唖然とすること間違いなしです。
IMG_2754.JPG
IMG_2755.JPG
サングラスを捨て自由を得た2人。透き通る岩屋ビーチで火照った身体をクールダウン&日焼まっしぐら!そしてこの海で一番意外だったのは森光が水泳が得意なことです。実は遠泳が得意だそうで、気付けばかなり沖まで泳いでました。

まさか、スポーツ向いてない系のスタッフとし君臨していた森光が水泳は得意とは・・・。恐れ入りました。
IMG_2757.JPG1時間程の海水浴を終えた我々は仕上げの温泉です!美湯松帆の湯さんにて疲れた身体を癒しました。どことなく森光の表情に疲れが見えます。
IMG_2766.JPG
ちなみに私が食べたのはしらす丼です。と、もちろんビール!
IMG_2767.JPG
この1日楽しかったです。淡路島は関西人にとってかけがいの無いなリゾート地です。海。山。グルメ。サイクリング。こんな贅沢な場所が近くにあるなんてとても幸せですね。
IMG_2778.JPG
今回の淡路島サイクリング情報を下記にまとめております。

・出発地点 岩屋港
 岩屋港隣接の駐車場または付近100メートルの範囲にコインパーキング複数あり。

・お昼休憩場所 「野島とれとれ市場」さん


・温泉・お食事ポイント「淡路島・岩屋温泉 松帆の湯」さん

・走行コース 淡路島 棚田コース


原一矢


はじめまして。新スタッフの大森です。

私もスタッフブログをはじめました。今後も是非よろしくお願いします!

早速ですが今回は、現在愛用しているEMONDA(エモンダ)SL5(2017年モデル)に、BONTRAGER(ボントレガー)製のフルカーボンホイールAEOLUS(アイオロス)5を装着して、体感した違いを書きたいと思います。
IMG_8189.JPGこちらが以前装着していたBONTREGER(ボントレガー)RACE(レース)ホイールとR3のタイヤです。ちなみにこのホイールはロードバイクを購入した当時の標準装備です。
IMG_8191.JPGさて早速重量を計測してみますと・・・
IMG_8196.JPGタイヤ・チューブ・クイックリリースレバー込みで1,06キログラムです。IMG_8194.JPGそして、こちらが今回の主役、BONTRAGER(ボントレガー)のフルカーボンホイール、AEOLUS(アイオロス)5です。
IMG_8198.JPG気になる重量がなんと0,92キログラムと、160グラムも軽量です!前輪だけでこの違いはとても大きいですね!*こちらもタイヤ(チューブラー)クイックリリースレバー込み。
IMG_8197.JPGブレーキパッドはカーボンホイール用のブレーキシューを装着します。取替えの際、差込みが少し固く苦戦しました。先輩スタッフ達は簡単そうに交換していたのですが・・・。もっと腕を磨きます!
IMG_8192.JPG仕上げにブレーキの角度調整、変速調整をしました。
IMG_8200.JPG完成です!見た目がガラッと変わり、迫力が増して、今までよりもっとカッコよくなりました!IMG_8204.JPGホイールを変えるだけでフレームの見え方やバイクの印象が変わった事に、僕自身とても驚きです。
IMG_8205.JPG早速カーボンホイールを装着したEMONDA(エモンダ)SL5で走りました。

ペダル踏み込み時の加速(信号停止からの発進・急勾配時・コーナーでの立ち上がり時)が格段に速く、スムーズでした。
そして、今までつらく感じていた上り坂を走ってみると、断然簡単に登りきることができ、これまで体感したことの無い加速感を味わえました。

平地走行時は、路面をしっかりと捉えていてふらつきづらく、安定感が高いままグイグイ加速していくのがとても印象的でした。ホイールを変えるとこれほどにも変化があるとは驚きが隠せないですね。

実はこのホイールはまだ購入しておらず、バイシクルカラー奈良登美ヶ丘店のレンタルホイールを使用しました。皆さんにカーボンホイールの良さをお伝えできるように頑張ります!

今回レンタルをした事で、僕もますますカーボンホイールが欲しい気持ちになりました。今年中には絶対AEOLUS(アイオロス)を買うぞ!!
IMG_8208.JPG大森優


今回も機材関連の少々マニアックな内容です・・・。

前回のブログで、遂にテンチョーマストアイテムと呼ばれるパワーメーターを導入した私ですが、今回はその交換作業の一部をご紹介したいと思います。

早速ですが、ガーミン純正ペダル(左)とSHIMANO(シマノ)のアルテグラペダル(右)、それぞれの軸を取り外した状態です。
IMG_7577.JPG
そしてこちらはガーミン純正ペダルから取り外した軸からさらに「歪みセンサー」だけを取り出した状態です。小さな部品ですがガーミンのパワーメーターの価格内訳のおよそ6~7割はこの子です。
IMG_7583.JPG
次に別売りのカートリッジキットを用意します。前回のブログでも紹介しましたが電子部品ではなく、換装用の軸だけで13,932円(税込)とこちらもまぁまぁ高価です・・・。
IMG_7582.JPG歪みセンサーをカートリッジキットに差込み、ナットで固定します。
IMG_7584.JPG
最後にカートリッジキット付属のアダプターと普通のモンキーレンチを使用しシマノのペダルに嵌め込めば完成です。
IMG_7589.JPG
ところで、「なんでわざわざそんなキットまで買い足してシマノのペダルを使うのか?」という方もおられるかと思います。

理由はいくつかありますが一番大きな理由は「スタックハイト」です。スタックハイトとはペダル自体の高さ、厚みです。

ペダルが変わるとペダル自体の厚みが変わりますので結果サドル高の微調整が必要になります。この点については「プロサイクリスト吉田隼人のオフィシャルブログ」にも書かれております。

当然私はプロではないのでもっと身近な悩みです。身体が硬く股関節周りの稼動域が少ないので、少々サドル高が合わないだけで膝に負担がかかり、痛みがでてしまうので微調整が必要でそれが面倒。ただそれだけなのですが・・・。
IMG_7592.JPG
次回はパワーメータを使った遊び方をご紹介したいと思います!

原一矢


原です!

遂に、GARMIN(ガーミン)社のパワーメーター、VECTOR(ベクター)を購入しました。そして、最近発売されたばかりのPD-6800コンバージョンキットも同時購入し、早速取り付けたいと思います。

今回は、皆大好き!重量計測です。
IMG_7573.JPG
まずはベクターです。片側155グラム。
IMG_7575.JPG
続いて標準のアルテグラペダル。片側129グラム。
IMG_7576.JPG
そしてこちらのコンバージョンキットを使用し、ベクターのペダル軸内部に入っている歪みセンサーをアルテグラのペダルにお引越しします。ちなみにコンバージョンキットは唯の軸にも関わらず、税込13,932円と決してお安くはありません・・・。
IMG_7582.JPGベクターの歪みセンサーをアルテグラにお引越しした状態です。131グラムと、ノーマル比較2グラムの増加ですが、ベクターと比較すると24グラムの軽量化ですね!
IMG_7586.JPG
最近自転車を購入されたばかりの方にはこの24グラムはどうでもよいことかもしれませんが、軽量化マニアの方には24グラムの意味はとても大きいですね。また、私の様に使い慣れたシマノペダルをそのまま使えるというメリットもあるのではないでしょうか?

また近日中に細かい部品の写真等もご紹介させて頂きます。

ちなみに、私は軽量化マニアではありません。

原一矢


このページの先頭へ