店長ブログ タンの徒然日記
店長ブログ タンの徒然日記

2013年8月 アーカイブ

夏休みは沖縄へ。

| コメント(0) | トラックバック(0)
沖縄に所縁があり、夏季休業を利用し走ってきました。

IMG_6071.JPG

IMG_6023.JPG
台風の間を上手い具合に走る事が出来、運のいいスケジュールに感謝です。

IMG_6039.JPG
自転車に乗りながら撮った写真をそのままアップしていきます。

那覇空港から北へ車で1時間半ほど。そこからスタート。

IMG_6116.JPG

IMG_6121.JPG

IMG_6074.JPG


ほぼ信号のない道は、トレーニングにも最適だな~と思いながら、
ついつい身体に力が入ります。

IMG_6082.JPG

走れば海が開け、どこでも夏の解放感に浸れますが、北へ行けばいくほどコンビニや自販機が有りません。
スペシャルドリンクを背中に差し込んで走るわけですが、やっぱり足りません。

IMG_6053.JPG

生命を繋ぎとめる案内はとても助かり、

IMG_6113.JPG
見つけ次第、手持ちのドリンクを一気に飲み干し駆けよるわけですが、

IMG_6110.JPG
こんな事も多々あり、
IMG_6111.JPG
欲に負けて、看板を見つけた時に一気に飲み干した自分を責める。
ここは島。予想出来たはず、、


ただ、こんなご褒美もたまにあり、
IMG_6131.JPG
イチゴ、メロン、コーラ、プリン、、!?
とりあえず一気に補給。


そんな夏の沖縄ですが、炎天下でも多くのサイクリストと出会います。

IMG_6090.JPG

IMG_6097.JPG

これで全都道府県制覇!と言う方も。

IMG_6096.JPG
ちなみに奈良県は、あり得ない程の激坂で知られる「暗峠」を経由、との事。


また経由した伊計島では、アートプロジェクトが開催中でした。
IMG_6118.JPG

IMG_6098.JPG
今回は大まかな目的地だけ決めて、あとは走りたい道を行ってみたり引き返したり。
思わぬ出会いや発見は、フットワークの軽い自転車ならではですね!



空輸バッグと自転車、そしてレンタカーと宿を手配すればどこでも行けてしまいます!

IMG_6150.JPG
自転車×〇〇、そんな楽しみ方がお勧めです!

IMG_6043.JPG
IMG_6009.JPG

空輸の仕方、その他の運び方等々、お気軽に聞いてくださいね。
しっかりレクチャーさせて頂きます。
自転車を愉しむ幅が一気に増えますよ!


ホイール組み。

| コメント(0) | トラックバック(0)
最近はめっきり数が減ったホイールの組み作業です。
DSC03255.JPG
バイクのアップグレードで定番のホイール交換。
そのホイールはいわゆる「完組み」と呼ばれるモノで、完成した状態で店に届くのが一般的です。

ただ、写真のようにリム(外周部品)とハブ(車輪の中心部の回転体)、スポークをバラバラで
発注し、その後店で組み付ける方法があります。

メリットは、安価で精度が高く修理が容易な事。
また乗り手によって様々な組み方が出来るので、乗り心地のよいホイールも作れます。

ただ、近年人気の超軽量ホイールと比較すると決して「軽い」とは言えません。
また決戦ホイールと肩を並べるほど平地でぐんぐんスピードに乗るホイールでもありません。

見た目からも想像出来る通り、一番"普通なホイール"と言えるでしょうか。
軽すぎず、硬すぎず、またちゃんと漕がないと進みません。
でも乗り心地は良いので100km走った後でも身体への負担は少ないです。

ツーリングやロングライドでは、良くできた完組みホイールも良いですが、
レースイベントに参加される方の、普段の練習ホイールとしてはとてもお勧めです!

地味~なホイールに、萌えてみてはいかがでしょうか?

TREK(トレック)の2014年モデルの展示・試乗・受注会へ行ってまいりました。
現地でチェックしましたニューバイクや商品は、ストアニュースで入荷情報とともにアップするとしまして、
当ブログでは2日間の会場の雰囲気やそのほか諸々中心にアップします。

今年も京都国際会館にて3日間に渡り開催されました。
DSC03131.JPG
展示会場、セミナー会場、商談エリア、テストライドコースなど、
ニュープロダクトをくまなく確認、勉強出来る環境が整っています。
DSC03105.JPG
こちらのパーツに分かれたバイクは、今回モデルチェンジを果たしたスピードコンセプト。
DSC03112.JPG
そのスピードコンセプトに乗るTREKのサポートライダー、山本選手も来場されていました。
DSC03050.JPG
また展示会場では、バイクやパーツだけでなくこの様な新しい
フィッティングシステムまでデモンストレーションされています。
DSC03124.JPG
左右のペダリングパワーの差だけでなく、ペダルの各位置それぞれで、リアルタイムのパワー計測まで可能。
DSC03127.JPG
一見トレーニングの為の機材!?と思われがちですが、
実は身体の無理な負担を減らし、より楽に効率よく走る為のサイクリスト全てにお勧めできる
フィッティングシステムです。バイシクルカラーでは来年春から夏の導入を予定しております。
(あくまでも予定です、、)

ただ、「店のどこに置くねん!?」、「てか、いくらするねん!」とほか販売店さんと談義をしばしば。

そして今回力を入れたテストライド、会場では主要モデルはほぼ全てのサイズが揃っております。
同じコースを何度も走ることで、モデルの特徴やそれぞれ価格帯の特徴をチェック。
DSC03133.JPG
店頭での接客をイメージし、お客様のご予算、使用目的を考えながらテストライドを行います。
今年は、「まだ乗ってんのかいな、、」と他の店長さんに言われながらもひたすらコースを往復。
決して単に私が走りたかったからだけではありませんよ!

走り足りないスタッフは、朝5時半の集合で朝練と言わんばかりの早朝ライドに出かけます。
ちなみに私が乗ったのはランニングチェンジを果たしたNEWMadone(マドン)7シリーズ。
正直気になっていたんです。その辺は店頭にて。
IMG_9889.JPG
日が昇ったばかりの山間はまだ走りやすくペースも上々。
元五輪代表選手やオーストラリアの元プロ選手、さらにマウンテンバイクのアジアチャンピョンなど、
そうそうたる肩書きのスタッフ、関係者らが走ります。
IMG_5900.JPG
アップなしで走り出し、30時間もしない内に最大心拍付近まで上がるという中々な負荷は、
眠たい早朝の身体に堪えます。
IMG_5898.JPG
こんな方々がいらっしゃるのですから、そりゃ速いわけです。
若干表情が疲れ気味な日本人と。
IMG_5901.JPG
対照的に余裕の海外勢。
IMG_5902.JPG
それでも体に鞭を打ってテストライドしましたので、ぜひ感想は店頭でお尋ねくださいね!
IMG_5911.JPG
NEWスピードコンセプト。
「トライアスロン最強バイク!」と多くの方が口を揃えるほど。
さらなるエアロ効果と剛性アップをしつつ乗り心地も向上しました。
個人的には安定感がさらに増した様に感じまそた。またハンドルやサドル周りのサイズ調整が劇的に向上。
ものすごくメンテナンス性に優れています。専用バッグに梱包して会場まで運ぶトライアスロンでは大きなメリットとなりますね。

IMG_5916.JPG
さらに14年初登場650bと呼ばれる26インチを少し大きくしたタイヤサイズを採用するREMEDY(レメディー)。
29インチと26インチの間というよりも、26インチに近い設計。
でもダントツ上りやすく、下りが速いです。ただ、サスペンションストロークも結構ありますので、
人気のエンデューロや里山ライドにはSUPER FLYがぴったりかなと思います。


なにはともあれ無事終了したトレックワールド2014。
ちなみに今年も宿泊施設はグランドプリンスホテル京都。さすが世界No1ブランド・・。
DSC03078.JPG
会場では、別府史之選手のトレック新プロツアーチーム契約が速報で伝えられるなど、
タイミングの良いサプライズ!?もありました。

2014年!様々な意味で楽しみですね!


1