店長ブログ タンの徒然日記
店長ブログ タンの徒然日記

2013年9月 アーカイブ

大改造

| コメント(0) | トラックバック(0)
タイムトライアル向けのエアロ形状クランクに、エアロ形状のチェーンリングを搭載。
IMG_6288.JPG
高価な上に重たく、ロードバイクでは特にお勧めするものではありませんが、見た目は結構良いです。
ただ、SHIMANOのDura-aceと持ち比べるとがっかりします・・。

私の場合、最近使用していたクランク長(アームの長さ)170mmから、
以前使用していた165mmに戻して注文したのですが、
国内の入荷が未定ということで極少量存在したTTクランクで注文。


さらにステムを1cmダウン。
ハンドルをしばらく高めに乗っていたのですが、こちらもやっぱり元の高さへ戻します。
IMG_6294.JPG

またケーブルやコード類を内蔵出来るエアロ形状の新しいハンドルを注文。※写真は作業中。
IMG_6297.JPG
ハンドル幅は38cmに変更。とてもコンパクトなこのサイズは初使用!
これらのサイズは乗り方よりも身体のつくりで大きく変化する箇所です。

以前大怪我をしてから自分の身体のつくりを考えるようになり、それを乗った時の動きと照らし合わせると
腑に落ちる内容が多々あります。

自転車は奥が深いです。


本日の作業から。

| コメント(0) | トラックバック(0)
パーツのアップグレードです。
「ダイレクトマウント」と呼ばれる新しい規格のロードバイク用ブレーキキャリパー。
DSC03401.JPG
ロードバイクに乗ってらっしゃる方ならお分かりになると思います。
従来のものと形が異なります。

今回はお客様のMadone(マドン)にアッセンブルされているBONTRAGER(ボントレガー)のブレーキを
SHIMANO社製に交換します。

まずは取り外し作業。
上の写真と比較すると部品が1つ外れています。
DSC03402.JPG
そして完全に取り外した状態。
DSC03403.JPG
そして交換後の写真。
写真はこれだけですが、工程にはブレーキのワイヤーを交換し長さを変更しています。
単に取って付けただけでは本来のパフォーマンスを発揮しません。
DSC03406.JPG

フレームに沿うような形やその色は、交換前の方が綺麗に見えるかと思いますが、
こちらへ交換した後は、ブレーキレバーの引きが軽くなり、またブレーキタッチも「カチッ」と良くなります。
さらに調整が簡易になり、調整がずれにくいのも特徴です。

ただ交換後一番多く聞くのは、「部品の質感が良くなった!」との声。

これも交換理由の一つですね。

パーツを変えて乗ると、自転車の愉しみも倍増します!!


1