店長ブログ タンの徒然日記
店長ブログ タンの徒然日記

2014年1月 アーカイブ

こちらはトータルメンテナンス(オーバーホール)の様子です。
使用状況にもよりますが、週末2回は必ず乗るといった方(一か月の走行距離が500km以上)は、
1年半前後に1回が目安です。

DSC04291.JPG

毎日通勤で使用して、雨でも構わず乗ると言う方は走行距離に関わらず1年に1回が目安。

週末1回乗れたらいい方かな?と言う方は、オーバーホールの前に、
一旦劣化部品(タイヤ、ブレーキシュー、ワイヤーなど)のチェックを受けて、内容を相談しましょう。

トータルメンテナンスの詳細はこちらからもご覧いただけます。



さて今回の作業内容から。
1年も乗るとご購入頂いた時よりも距離も走れるようになり、またより速いスピードも維持できるようになります。

バラして洗浄、グリスアップを行い組み付けるオーバーホールと同時に、
パーツのアップグレードやポジションの変更を行う方が多いです。※工賃もお得です。

こちらは、バイシクルカラーお勧めの"ROTOR社"楕円チェーンリング(Q-Rings)
DSC04316.JPG
ペダルを回して漕ぐとき、どこでも偏りなくトルクが掛かっているわけではありません。
荷重が掛かる個所、そうでない箇所にはムラがあります。その比率こそ差はありますがプロ選手でも同様です。

荷重を掛けるべきポイント(掛かりやすいポイント)にパワーが発揮されるため楕円になっています。

「これで速くなるの?」とよくご質問を受けますが、特効薬の様にこれを付けたからといってすぐ速くなる!
というものではありません。

荷重を掛かるべきポイントを意識出来る事で、高出力かつ持続できる筋肉を動員して、
結果今より1段重たいギアでより持続させる事に繋がります。

ズバリ、"平坦が苦手な方""より高いパワー持続させたい方"には特にお勧めです。

考えるだけでは分かりにくいので、まずは試してみませんか?
我々はコンマ1秒を争うプロではありませんから、違いを体感して「なるほど、これは面白い!」と、
発見して遊ぶ事こそ、また楽しいと事だと思います。
ちなみにバイシクルカラーは、多くの販売実績を持つ正規ROTORテクニカルディーラーです。


またカセットスプロケット(下写真)の歯数も変更。
完成車に取り付けされている歯数はとても軽く、初めての方でもゆっくり登れるようになっています。
慣れれば、自身のスキルに合わせ変更しましょう!
なぜ?と言う点については細々ありますので割愛します。店頭でお気軽にご質問ください!
DSC04318.JPG

そしてポジションがだいぶ落ち着いてきましたので、コラムカット!
DSC04284.JPG
コラムをカットすると(下写真)、これ以上高い位置にステムと取り付ける事は出来ません。
ポジションに「これで決まり!」という事はありませんので、余裕を持つ事をお勧めします。
DSC04322.JPG
販売時はどれも同じ自転車でも、1年後、2年後になると、乗る方に合わせそれぞれ自転車が変化します。
日々メンテナンスをしていても面白い点ですね。

プロショップはその為の手伝いをする役割もあります。
アドバイス等はプライスレスな事も多いですから、始めたい方が近くにおられましたら、
「スポーツバイク買うなら、プロショップがいいよ」と教えてもらえると、とても嬉しいです。


朝起きて、人差し指の感覚が何かおかしい。
仕事中、やっぱりおかしい・・。

DSC04615.JPG

気のせい?
でも工具を持った指先、ペンを持った指先。

感覚がない、というよりむしろ敏感?
指を抑えただけでこんなに痛い違和感って、なにかおかしい。
切り傷や打撲などではなく、指先の神経がおかしい感じ。

夕方になったら治っているだろう、となんとなく思ってたが、
やっぱり明らかに変である。


昨日サウナに入った時、電気風呂の電気が出てくるところに指をずっと置いてたからか、とか、
水風呂に浸かり過ぎて神経おかしくなったか、とか、
日常のあらゆるどうでもいい事が不安になってくる。

工具が持てないと仕事にならない。というよりも日常のあらゆる事に人差し指は使う・・。


明日、朝起きておかしかったら病院へ行こう。


翌朝。
ん?と思った。

この感覚は、「深爪」だった。




自分の身体の事など到底知り得ないですが、
自転車を漕いでる時の出力をこれで計測します。

DSC04610.JPG
GARMIN Vector J & GARMIN Edge810J

GRMINはEdge705の使用以降、マップで重宝する他社のATLASを使用していました。
パワー表示機能が無いためGARMINへ移行。ATLASはスタッフ三盛(ミツモリ)の手へ。


なにかと自分のバイクをいじる時間がないこの頃ですので、
はたしてこんなパーツ付けても、走りに出られるのでしょうか・・・

ただ、ひとまず指は2日で治ったので安心です。


自転車のペダルが、丁重に納められています。

DSC04543.JPG

以前ブログでもご紹介させて頂きました、パワー(出力)計測が可能なペダルです。
お値段は、結構します...。

一見、レースで勝つ為のバリバリのトレーニング目的だけと感じてしまいますが、
実は、より楽に、そして出来れば今より速く走れたら・・・そんな思いから
ペダリングや自分のフォームを探る為に有効なものだったりします。
結果(スピード)ではなく、そこへのプロセスを考える面白いモノなのです。

自分はどれくらいの出力で漕いでいるんだろう?
高い出力を維持するにはどのような身体の使い方が適しているのだろう?

客観的なデータを使い、身体、機材の使い方を考察出来るのです。

パワー計測器は何社かありますが、GARMIN社から発売されました
ペダル内蔵型は新商品となります。これから市場でこの真価が問われます。
精密な電子機器ですから、その辺りはシビアです。

ただ正規代理店から取り扱い店を通しご購入頂きました当商品は、
シリアルナンバーを記載する保証書だけでなく、サポートナンバーが個別に割り振られた
サポートカードが付属します。保守、修理に関するパーツの購入などのサポートが受けれます。

さっそくお客様分と私個人分と、取り付けです!

ちょっとマニアック?な内容となりましたが、こんな商品も取り扱っています。
色々なものがあるんですね~!
スポーツバイクは、足を踏み入れると、恐ろしくもあり、また面白い世界です。


先日、パーツ交換、メンテナンスでお預かりしたバイクがこちら!※画像は全てクリックで拡大します。

DSC04249.JPG
Domane4.3 2013年モデル。

今回はステム高を下げてコラムカット、そしてシートポストの交換です。
お持ち込み時がこの高さ。既に結構下がっています。
DSC04214.JPG
作業の様子です。
DSC04225.JPG DSC04227.JPG
左:アルミコラムの中はこうなってます。右:何をするか解りますか?

コラムカットは、皆さまの想像より多少時間を頂きます。
それはカットする際フロントフォークをフレームから完全に抜き取る為です。
DSC04234.JPG
バリを取り除き綺麗に整えます。
DSC04235.JPG

作業時にフォークを抜き取る為、ヘッドのクリーニング/グリスアップも同時に済ませます。
DSC04240.JPG

取り付け後の様子がこちら。
ステム下のキャプの厚さも変更しております。
ステム上には5mmのスペーサーが入っていますので、その分は上げる事が出来ます。
※カーボンコラムの場合は、ステム上の5mmスペーサーは必ず上に残す必要がありますのでご注意を。
DSC04254.JPG

そしてシートポストはBONTRAGER(ボントレガー)RXXXLに変更。
軽さと振動吸収性がアップします。
DSC04250.JPG

同時にボトルホルダもカーボンにご変更頂きました!
じつはコレ、とてもしなやかで、特に私の様な小さいフレームサイズの場合、
ボトルの出し入れが容易になるメリットもあります!もちろん今までそれで折れたことはありません。
DSC04264.JPG
ホルダにしてはかなり高価ですので、初めはその分の費用を他に投資する方が得策かもしれませんが、
やっぱりカーボンフレームには似合いますね。


その他は以前取り付けさせて頂きましたパーツ類です。

ROTORのクランクとその楕円チェーンリング。
DSC04258.JPG
荷重を掛けるべきポイントが分かりやすく、ペダリング効率が上がります。パワーも引きだしやすくなります。
バイシクルカラーでは多くのお客様にご使用頂いています!

サドルはBONTRAGER(ボントレガー)のParadigm(パラダイム)RXXXLカーボン。
一見硬そうで快適性に乏しそうですが、実は骨盤の幅別にサイズ展開があり、
絶妙なフィット感、サポート感を実現しています。血流を圧迫しにくい点も特徴です。
DSC04262.JPG

ホイールはBONTRAGER(ボントレガー)のAeolus 3 D3 Clincher(クリンチャー)。
ツーリング最強ホイールですね!
DSC04268.JPG一般的なクリンチャータイプは、ロングライドや普段使用、また女性のお客様にも好評です。

ほとんどのパーツが完成車の状態から変わりました!
また今回のブログでは詳しく触れておりませんが、乗り方や身体の特徴に合わせ、ハンドル高や
ステム長など、サイズに関する点も多く変更しています。

その様な意味では、カスタムとは、大袈裟なことではなくむしろ必要不可欠な事かもしれませんね。




年末年始は。

| コメント(0) | トラックバック(0)
新年おめでとうございます!

皆様は年末年始いかがお過ごしでしたか?

私は、年末は妻の地元(沖縄)へ、年始は私の実家(滋賀)へ帰っておりました。

DSC04157.JPG

移動が多かった為か、年末×1、年始×1、の計2回体調を崩してしまいました。
前回も体調を崩していたので、ここ数年は誠にもったいない過ごし方をしています。


大型連休の年末年始、さすが沖縄は大変混み合っています。
那覇空港ではお馴染み?のレンタカーの送迎待ち風景。

DSC04134.JPG

またこちらは、冬でもそれを全くを感じさせない沖縄のホテル。

DSC04130.JPG

今年の初夢は、黄金の仏様が馬に乗ってやってくる、といったおめでたいのかどうなのか
よく分からない内容でした。

その近くでは、光る門松。
写真左の街灯を見ると分かるのですが、実はこの建物自体とても大きいのです...。

DSC04123.JPG

だから?と言われれば返す言葉の無い取り留めもない内容となってしまいましたが、
今年もどうぞ宜しくお願いします!



1