店長ブログ タンの徒然日記
店長ブログ タンの徒然日記

2015年6月 アーカイブ

梅雨の晴れ間に水曜ミドルライドを行いました!
平日にも関わらず、たくさんの方にご参加頂きました。
ありがとうございます!
IMG_0646.JPG
日曜日のビギナーズライドでは物足りない・・そんな方々と一緒に
日曜よりも距離を延ばし走ります。
IMG_0577.JPG
スタッフ原も秘密の"こそトレ"の甲斐あり、少しの区間先頭を走りました。
次回は、後半にも期待しましょう!
IMG_0585.JPG

特にロードバイクに乗り始めの頃は、走った分だけどんどん成長します。
走れる距離も増え、維持できるスピードも増します。
そのような点で、ロードバイクの虜になってしまう方が多いですね!
IMG_0595.JPG

もちろん、乗り始めた頃から不思議なくらいスタミナと
パワーを持った方もいます。
運動部に所属していた、納車3ヶ月程の若手のお客様。
早速チームバイシクルカラーの朝トレでも揉まれている様です。
IMG_0600.JPG

和束町を抜け、狸(焼き物)で有名な信楽へ。
勤務時代、奈良、京都、神戸など転々としておりましたが、
私の地元は滋賀県です。
IMG_0624-1.JPG

今回のコースは何年ぶりかに走るルート。
信号が少なく、100km程の距離を快適に走ることが出来るルートです。
IMG_0638.JPG
ちなみにですが、上の写真の後方から2番目、スタッフ鈴木がシートポストに
デイライド(昼でも2km後方から可視出来る尾灯)を付けています。
写真だと分かりにくいですが、これがとても車から目立つのです。
Flare R、かなりお勧めですよ!


さて私の地元滋賀県は、平坦で距離を走れるルートが沢山あります。
琵琶湖まで出ると湖岸道路もありますし、また峠を含みますが
琵琶湖の西にはこの季節、緑と川の美しい朽木村コースもリます。
のんびりした雰囲気にも癒されますね。
IMG_0633.JPG

今回、中盤まで快調に走っていましたが、後半、私が曲がるポイントを間違え思いもよらぬ峠道へ。
トータル距離こそほとんど変わらないものの、平坦基調が峠となってしまいました。
すみません・・。
IMG_0664.JPG
地元なので安心しきってGARMINのナビゲーションはOFFにしていましたが、
私の頭からルートの一部が完全に消えていました。。


本日走った(走る予定だった)コースです。
信号が少なく、快調に100km走れるお勧めコースです!

詳細はルートラボでご覧いただけます。


ぜひ走りに行かれてみてはいかがでしょうか!?


先日購入した、OAKLEY(オークリー)のロードバイクに特化した
アイウエアJAW BREAKER(ジョウブレイカー)ですが・・・、
DSC03932.JPG

ツール・ド・フランス限定モデルが発売されると聞き、
予約してしまいました・・
DSC03915.JPG
もちろん、同じJAW BREAKERは2本も必要はありません。
ただ、今回はツール・ド・フランス記念モデルと言うだけでなく、
購入を決定づける内容が2つあります。


まず最大の理由が「USフィット」である点。
最近のOAKLEYのアイウエアはほとんどがアジアフィットです。
USフィットと比較して、顔の幅が広い方でもタイトすぎない、ゆったりしたフィット感が特徴です。

6~7年以上前は、アジアフィットと並んでUSフィットも多くラインナップにありました。

今回のツール・ド・フランス記念モデルは世界限定モデル。
アジアフィットとしてではなく、グローバルなモデルとしてUSフィットとなります。


日本人でもヘルメットのサイズがS~Mの小柄な方は、
運動強度が高い場合、実はアジアフィットよりもUSフィットの方が走行中にブレ難く、
相性が良かったりします。私もそのケースです。

DSC03916.JPG
左:USフィット ※私物のRadar(レーダー)
右:アジアフィット

通常販売しているJAW BREAKERはアジアフィットなので、
USフィットは現在購入出来ないのです。

これは欲しくなってしまいます。



そしてもう一つの理由が、PRIZM ROAD(透過率20%)レンズを採用している点。
DSC03921.JPG写真のフレーム(Radar)でこのレンズを既に使用していますがとても気に入っています。

これまで、Slate Iridium(スレートイリジウム※透過率23%)や
Jade Iridium(ジェイドイリジウム※透過率17%)といったレンズを使用していましたが、
これらと比較するとよりコントラストが生まれます。

眩しさを抑えつつも、ガードレールや白線の白色がくっきりと際立ち、
見えてほしい情報が明確に伝わります。

これが本当に大切で、走行中の安心感がかなり違います。
専門ではないので分かりませんが、脳で感じる安心感や不安は、
実は視覚要素がとても大きく作用しているのではないでしょうか。


ロードバイクのシチュエーションを一番に考えたレンズだけあり、
その差は一度使用すると手放せません。


現在はこちらのRadar(レーダー)でそのレンズを使用しています。
DSC03925.JPG

このロードバイクに特化したレンズを、これまたロードバイクに特化したフレーム
JAW BREAKER(ジョウブレイカー)で使用できる・・。
入荷が楽しみです!

課題は、使用する時間を沢山作る事でしょうか。



1