店長ブログ タンの徒然日記
店長ブログ タンの徒然日記

2015年8月 アーカイブ

夏が過ぎ去り秋の雰囲気が漂いますね。
私は今年の夏を、クーラーなしで乗り切りました!
知恵が付くのと、微小の温度変化に敏感になり、季節の変化により気づく事が出来ます。

といっても、故障して買い替える暇がなかっただけですが・・。


さて、雨と予想していた今回の水曜ミドルライド、
なんと当日は降水確率10%まで下がりました!

しかし熱帯低気圧(元台風)の影響もあり、どんよりした曇り空の中スタートです。
IMG_3094.JPG
サイクリングロードのあちらこちらには、大きな水たまりが残っています。
IMG_3150.JPG

今回のコース前半、八幡木津自転車道はスタッフ原が先頭を引きます。
日頃の朝トレの効果が発揮されています!
IMG_3103.JPG
ミドルライドの開催は平日ですが、本日も10名様ほどのお客様にご参加頂きました!
ありがとうございます!
IMG_3104.JPG

日曜開催のビギナーズライドよりも距離が長く、ペースも少しアップします。
IMG_3105.JPG

しかし、スピードのみを求めて走る訳ではありません。
ミドルライドの皆勤賞(お客様談)を狙う方から、
初めての方まで幅広い方がご参加されます。
IMG_3108.JPG

それでも水曜日ミドルライドは結構速いベテランライダーの方も多い為、
いろいろと刺激を受けますね。
もっと楽に長い距離を走りたい!速い人に上りも着いていきたい!
そんな欲求も生まれますが、それもロードバイクの面白さです。
IMG_3133.JPG


さて、しばらく走っているうちになんと青空が!夏らしい雰囲気です。
本日のお目当てはカキ氷!この暑さが、より一層カキ氷を恋しくしてくれます!
IMG_3154.JPG

ちなみに、経由ポイントのながれ橋(上津屋橋)は今日も流れっぱなしでした。
※ここまでお店から丁度25kmです。初めてのライドにお勧めです!
IMG_3185.JPG
そしてお店のイベントでは初!淀川沿いのルート!
IMG_3196-1.JPG
お客様にルートを助けてもらいながら、快調に走ります。
結構良いペースの区間も有りましたね!


お店から走る事40km、淀川沿いからすぐの場所にある枚方凍氷さんに到着!
IMG_3217.JPG

このお店は氷屋さんとの事。
店内からそれを感じ取る事が出来ます。
IMG_3203.JPG

そしてこちらが本日のお目当て!
純氷を使用したふわふわのかき氷です。
最近雑誌やテレビでは、上に固形の食べ物を乗せたかき氷も多く紹介されていますが、
今回のは素朴で懐かしいかき氷です。
IMG_3208.JPG
価格は300円!
お子供さんからも親しまれやすい価格です。

真夏は行列ができると聞いていますが、
本日は朝まで気温が低かった為か、スムーズに注文できました。
IMG_3213.JPG

さて、帰りは上り区間を含みます。
が、写真はありません・・。

2回目の休憩で即アイスを食べている事を見ると、
ここ(くろんど園地)までの上りも、結構ハードだった事がお分かりになるかと思います。
IMG_3220.JPG


本日走りましたコースはこちらです。
詳細はルートラボからご覧頂けます。


枚方からくろんど園地までは車通りの多い道を通ります。

走行には十分にご注意下さいませ。


枚方凍氷さんの営業は季節限定です。

お立ち寄りの際は、事前にご確認される事をお勧めします。

食べログ

 



夏を感じるカキ氷ライド!

夏らしい事をやり忘れた方、ぜひいかがでしょうか!?




先日の作業から。
お預かりしたバイクのオーバーホールに伴い、
分解後組み付けていたのですが、BB(ボトムブラケット)の
クランク取り付け軸の回転が、ある特定の箇所で渋くなっていました。

BB自体のガタや錆は発生していませんでしたので、
フレーム側の精度を高めるため、現在はあまり行わない作業を行いました。

これは、BBシェル内部のねじを切り直す作業です。

IMG_2932.JPG
取り付けたシャフトは真っ直ぐフレームを貫通している必要が有ります。
真っ直ぐでないと、BBシャフトを曲げる力が働き、
回転に抵抗を与える原因となります。

同時にBBシェルのフェイスも整えます。
IMG_2936.JPG
表面に塗装が乗り、左右の面で平行が出ません。
まずは表面塗装を浚います。

今回のBB規格では大きく影響が出る事は少ないですが、
小さな精度の積み重ねが、最終的なパーツ動作の差に繋がります。
精度はとても大切な要素です。

もちろん、フレームを削る訳ですから規定の削り幅が存在します。
IMG_2947.JPG

再度BBパーツを取り付けると、綺麗にスムーズに回転します。
指で回すととても良く分かります。
IMG_2960.JPG
ただ、もしかするとクランクとペダルと取り付け、チェーンを張り、
体重をかけてペダルを踏んだ時、この差は分からないかもしれません。

しかし、このような小さな精度の高さの積み重ねが、
最終的にパーツ部品や完成車になった時、完成度に大きく影響します。


類似した規格は、10年程前はロードバイクにも多く採用されており、
完成車を組み立てる際によく実施していました。

またこれと同様に、精度を高める作業がフレーム各所で存在します。
どこまで実施するかは、使用目的や費用で異なります。
今回は、明らかに回転部品が本来の性能を発揮出来ていなかったので、
作業を実施しました。


当店では、お客様の使用目的に応じ求められる作業、
その費用など分かりやすくお話させて頂きます。

今回はメンテナンス作業の話でしたが、バイクをご購入頂く際には
これらの技術も間接的に、ご提案の幅と深さに繋がると考えています。


バイシクルカラーは、専門性の高さと親しみやすさで、
自転車を通し価値ある時間をご提供出来ればと考えています。


今回は、ちょっと真面目なネタでした。





1