店長ブログ タンの徒然日記
店長ブログ タンの徒然日記

プロフィール

バイシクルカラー 店長 丹宇響
バイシクルカラー 店長 丹宇響
バイシクルカラー代表 丹宇響の個人的な日記です。

カテゴリ

2017年10月 アーカイブ

最近はInstagramで写真をアップしてしまうので、ブログがほったらかしでした。

さて、"登り"もけっして嫌じゃないという、既にロードバイクにハマった方にお勧めの目的地が、
自転車道の駅の別名も持つ「ハーブクラブ」さんです。
※ブログ下でマップを載せています。

先日もスタッフ大森と行ってきました。
4-20171025_122430.jpg

当然ですがバイシクルカラースタッフは、ロードバイクやマウンテンバイク好きばっかりで、
定休日が近づくと、どこか走りに行きません?なんて会話が生まれます。

だいたい決まって一番若手の大森が元気を持て余しているのですが、
それもそのはず、競泳でジュニアオリンピックや国体にも出場したスポーツマンです。
元気なわけです。
それもあってか、メンバー募るも毎回固定メンバーに。。
5-IMG_20171025_121754_897.jpg


さて、話を戻しますがハーブクラブさんはランチやモーニングがとても美味しいんです!!
いつも朝早く到着するのでモーニングだけですが、この日は11:30からのランチを狙って
遅めのスタート!

大森が注文したのはリブステーキのセット!
(正確な名前は忘れました。)
2-20171025_113722.jpg

私はハンバーグのセット!
3-20171025_113820.jpg

めちゃくちゃ美味しくて幸福度が一気に上がります!
これからの季節は薪ストーブもあります。
とても暖かで心も身体もほぐれます。
1-20171025_111850.jpg

建物の外観はこんな感じ。
(写真は以前イベントで行った時。)
IMG_0122.JPG

ハーブクラブさんまでは色々とコースが設定できますが、この日は般若寺のセブンイレブンからスタート。


基本どこから行くも登りです。途中コンビニはありません。パンクしても自転車屋はありません。
パンク修理が出来る事は必須です。
また峠道のカーブでは、対向車が早くこちらに気付けるように前照灯がお勧めです。

初めてでは少しハードルが高いコースかもしれませんが、しっかり乗って慣れたらトライしてみてくださいね!勿論ハーブクラブさんは車で行ってもお勧めですよ!


店のfacebookにロードバイクやマウンテンバイクを車載している写真をアップすると、
かなりの確率で車種を尋ねられるので今回ブログに載せてみました。

車はルノーのカングー。
自転車乗りの中では結構使用者が多いですね。
1-IMG_7676-1.JPG

自転車の前輪を外した状態で、横並びに5台が余裕で入ります。
下の写真では外した前輪が積まれていませんが、
マットの様な緩衝材を挟みつつバイクの間に外した前輪を挿入します。
4-IMG_1592-1.JPG

ツーリングに行く際は3人3台も可能です。
大きなフレームサイズもシートを下げることなく余裕で入ります。
7-20171004_100926.JPG

レースイベントやトライアスロンでも必要な機材を余裕をもって積み込み出来ます。
6-1-20170723_151729.JPG

こちらは店の資材を積み込んだ時の写真。
ルノーはフランスメーカーですが、本国では商用車として使用されることが多いようです。
その為この様な幅が広くスクエア型の荷室になっています。
2-IMG_1518.JPG

日本では乗用車の為、最大積載量の設定がありませんが、
母国商用車では500kg程は積める様子。(聞いた話なので正確ではありませんが。)
力の抜けた感じの車の外観とは逆に、ハードな使い方が合っているんですね!
3-IMG_1519.JPG
5-IMG_1810-1.JPG

大量な荷物を積むことを考えればワンボックスやSUVも選択肢ですが、
意外とSUVは荷室の高さが低く、大きいフレームサイズのスポーツバイクが立てて積めません。
またワンボックスは長さこそありますが、2列目と3列目が全てフラットになる車はあまり無いと思います。

もちろんそれらをクリアする車もあるのはありますが、
半日以上かけて遠方に車で走りに行く際、乗り心地が良く疲れにくい事も必須項目です。
そして車好きにとっては出来ればミッション設定も欲しいところ。
そんな感じで自転車乗りがたどり着くケースが多いのではないでしょうか。


ただ、内装は価格の割に質素です。いい意味で飾り気はありません。
また燃料はハイオクで、燃費もそんなに良いわけではありません。
また細かいことが気になってしまう方は乗れないかもしれません。
でもそこがメイドインフランスの面白い所かもしれません。


1